4/5 「あなたの知らないウリチパン郡の世界」
来週日曜日に迫った「塩屋音楽会」vol.12
「あなたの知らないウリチパン郡の世界」
題名は今付けました)のお知らせです。

ウリチパン郡のウタモと亀井奈穂子によるピアノ連弾
そして、川崎歩(ダンサー/振付家/ウリチパン郡「パヤパヤ」PV監督)
によるダンス作品(音楽:オオルタイチ)。

奇才集団の新民族と新大陸が見れます。お見逃しなく。

■日時:2009年4月5日(日)19:00 open 19:30 start
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約 ¥2,000 当日 ¥2,500

■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 http://www.geocities.jp/shioyag

と短い紹介で終わってしまいそうなのですが、実は2年ぐらい
暖めている企画です。というのも2007年大阪、新世界フェスティバルゲート内
の音楽施設ブリッヂの閉鎖にと同時期に旧グッゲンハイム邸の立ち上げが重
なり、厨房設備一式に加えピアノもいただけることになりました。
ブリッヂにはヤマハとディアパソンの2台のピアノがあり、一般的にはヤマハ
の評価が高かったのですが、カメ(亀井)ちゃんやウタモちゃんの
「私は、こっちのディアパソンの方が好きやねん、高橋悠治さんもこっちの方が
好きやって言ってたよ~」のピアノのことは分からず、半ばミーハーな決断で、
ディアパソンを譲り受けました。

譲り受けたといっても、つわものどもが集っていたブリッヂのピアノ、ビールがこぼれたりという修羅場は日常茶飯事そして、数々の内部奏法、果ては千野秀一自身がピアノ内部に潜り込むという珍事まで経験しています。

修理をしなければとてもまともに使える代物ではないとの意見が多く、修理を施し、
ウタモちゃんには修理過程での試し弾き、そして最終調整がされてます。

いわばうちのピアノはウタモ基準なんです。
そして、グッゲンハイムに運び込まれたときもウタモに試奏してもらい、
ウタモは「ピアノが生まれ変わった」と涙してくれました。

そして、僕とは10年以上の付き合いカメちゃんは千住くんの結婚披露宴でも邸とピアノを使ってくれました。そして尊敬してる4人の音楽家たちは「ウリチパン郡」というバンドになり、2ndアルバムには三田村管打団?としても参加し三田村内部ユニット「くも」ではレコ発ツアー行きも帰り車中泊1泊3日の東京遠征にも同行と親交深い人たちです。

そして、ウタモ、カメと常々話していた、2人のピアノ連弾コンサートをやっと出来ることになりました。実は2人ともピアニストとしても相当の手練で1年に1回2人の連弾でのリサイタルへの参加もしてます。クラシックです、そしてこの2人なので20世紀の作曲家も含むとんがった選曲です。そのやり溜めた選曲に今回新たなものも含めた2人の奇才の素敵な連弾を思いのこもったピアノでの演奏、聴きに来てください。

そして、そのスペシャルな機会にスペシャルな企画をと
オールタイチが川崎歩くんとのダンス作品を発表してくれます。
どうぞ皆さんよろしくお願いします。

Urichipangoon ウリチパン郡 (from 大阪) 時空を越え、宇宙から日本へ!!
2008年4月、制作期間4年をかけた待望のニューアルバム「ジャイアント・クラブ」をgraf傘下のAKICHI RECORDSよりリリース。坂本龍一、UAなどをはじめ各方面から00年代のJ-POP史上に名を残す名盤と評されるなど絶賛をもって迎え入れられた。今日はバンドメンバーの亀井奈穂子とYTAMOによる、クラシックの名曲達の連弾演奏をお楽しみいただきまして、さらにバンドメンバーのオオルタイチが奇才川崎歩氏振付・演技によるダンスに音楽を当てます。

川崎歩 カワサキアユム (from 京都) 「imagination」とは何か、と問い続けるアーティスト。その探求のひとつとして、振付を行い、踊っている。ダンスカンパニー「半熟目玉盲点観光ガイド」では、観光と称した様々な土地でのフィールドワークや、youtubeなどの映像を、身体の動きに変換する試みをしている。またウリチパン郡のPVなど、映像も作っている。京都在住。
[PR]
by alimylove | 2009-03-27 12:16 | 音楽 | Comments(0)
<< 4/5(日) ダンス列車が走る! 3/21(土)運河の音楽 >>