塩屋音楽会11月終わり/12月の紹介
旧グッゲンハイム邸の森本アリです。あっという間にもう師走!師匠も走る。
本当に走ってますね。またまた、大御所さまたちがおいでです。

夏頃から、旧グッゲンハイム邸の噂を聞いて、方々から問合せがあり、ググっと
音楽会が増えました、これらのほとんどは僕の企画ではなく、問合せのあったものを
友人、面白そう、観てみたい!すごい!など様々な理由でじゃ共催でやりましょう。
と受付、音響、宿泊(!)そして各月の告知チラシなど作って、こっちでも集客に努めるわけです。
11月は「軽音楽とジャンボリー」と「にかさやレコ発」という素晴らしい
イベントが2つあり、共に100人の集客で大盛況でした、そして、その影に埋もれた
ものは、7人、4人というちょっとあまりにもという客の数だったりもするんです。
その2つのコンサートもとてもよかった。
やっぱり、神戸の中心から20分西にというのは、大阪京都からは遠い。
もっと神戸の人に観に楽しみに来て欲しい。どうぞよろしくです。

というわけで、今週末、土曜は昔、津山篤さんがスナック菓子をふた袋持ち、片方づつ上げ、「カール!」「スコーン!」とやった一発芸を期に僕には、カール・スコーンとしか読めなくなった「カール・ストーン!」登場です。電子音響界から絶大な支持を誇る、ラップトップ・マエストロが、ニューヨークの中国琵琶演奏家ミン・シャオフェンと本当に奇才、義太夫三味線「田中悠美子」と共に摩訶不思議な世界を作り上げます。どこにもないおんがくです。

■ミン・シャオフェン 田中悠美子 カール・ストーンTRIO
28 (土) open 19:00 start 19:30 予約¥2500 当日¥3000

そして、12月も、69年の引退以降、書店主をしていた、「早川義夫」そして「佐久間正英」
この並びを見るだけでグっときますね、グッゲンハイム。
そして、ペーター・ブロッツマン!なんていうか、僕にはCDむしろレコードの人でLAST EXITなど二十歳頃にすでに昔のものとして衝撃を受けたのに・・・現物がグ邸まで来るなんて。ぼくにとってはリビング・レジェンド。もうおじいさん?いやいや!怪物です!
轟音だそうです。おそるべし!
そして、オールタイチ企画でデイデラス(Ninja tune)来グなど、塩屋恐るべしです。
ここで紹介されなかったものも、やっぱり「おもしろい」ので、グググッっと
グッゲンハイムにどうぞお越しください。詳しくはhttp://shioyag.exblog.jp/まで。
このすぐ下に12月の予定も載せています。
[PR]
by alimylove | 2009-11-26 11:12 | 音楽 | Comments(0)
<< 塩屋音楽会2010年1月の予定 12月の旧グッゲンハイム邸の音楽会 >>