3/21(日)22(月祝)音遊びの会@東京!
b0057887_1652728.jpg
始まるのか始まらないのか、終わるのか終らないのか、
積み木のような音、移動する音、カタカタ揺れ始める音。
複雑に絡み合う謎のビートを共有し、突き進みます。 
今回は新たなゲストを迎えて「音の危機一髪!」

必聴、必見、ファイト一発、危機一髪!

乞うご期待。
b0057887_16522416.jpg

2005年結成、知的障害者と音楽家の出会いを軸とした、総勢40名以上にもなる大家族大即興バンド。神戸での隔週のワークショップ活動のみならず、コンスタントに公演や公開ワークショップも行う。神戸のみならず、大阪、京都、東京、山口、まで民族大移動的な遠征も多い。
b0057887_16524351.jpg

音遊びの会 東京公演『音の危機一髪!』
■会場 3331 Arts Chiyoda
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14
 (旧練成中学校内) TEL.03-6803-2441
2010年3月21日(日)14:00開演  3月22日(月祝)14:00開演
音遊びの会web:http://www.k3.dion.ne.jp/~rii/scheduletop.html
アーブルアートweb:http://www.ableart.org/

■出演:
青木しおり、青木智穂、飯山ゆい、有加藤吉樹、鎌田牧子、後藤佑太、後藤リカ、鈴木勝、時里みつる、富阪伯子、富阪友里、中島香織、永井いつ子、永井崇文、西茜音、沼田里衣、橋本麻希、濱和博、濱千晴、濱翼、平木誉大、藤井まどか、藤本和子、藤本優、本間知子、光永惟行、三宅博子、みやけをしんいち、三好佑佳、三好園子、森大生、森真由、森優歩、森本アリ、吉見克也、吉見佳世子、吉見理治

■ゲスト: 梅田哲也、江崎將史、中尾勘二、細馬宏通、堀尾寛太、大友良英

チケット料金(日時指定・全席自由)
●単券
[一般券] 前売:1,800円 / 当日:2,300円
●2枚セット券
[一般券] 前売:3,000円(ハイウッドのみ取扱)

【ご購入方法】 
■チケットぴあ (21日分のみ) 
TEL. 0570-02-9999 (Pコード:400-709)
http://t.pia.jp/ (PC・携帯)
■エイブル・アート・ジャパンのホームページからのオンライン購入
パソコン http://www.ableart.org 携帯 http://www.ableart.org/m
b0057887_1653439.jpg

2010年陽春公開。音遊びの会を追ったドキュメンタリー映画
『音の城音の海 -SOUND to MUSIC-』 web: www.otonoshiro.com/
に寄せた僕のコメント:

今考えると不思議に感じることだけど、はじめは、通じない、と壁にぶち当たってた。
徐々に試されているのはこっちの方で彼らの手の内で転がされていたのか?と思うようになり、出会って3ヶ月後の「音の海」では完全に教えられる立場になってしまっていたと思う。僕は彼らの直感的な音楽的行動にやられ、そして客を前にした時のテンション、サービス、間合い、そして挨拶まで自覚をもって行われるあれやこれやに感動しました。
この映像にはその過程での試行錯誤の様子が収録されています。
私達がずっこかされる珍場面もいっぱい、そして心のこもった、ミーティングも。
あの頃僕は本当に彼らのことで頭がいっぱいで、1人で道をあるいていても、突然、藤本さんのトロンボーンを吹きはなつ勇姿や永井くん踊る姿、吉見くんががなる様子、ゆかちゃんビッグバンドを率いて指揮をとる真剣な顔などが突然浮かび感動して泣き崩れそうな興奮状態に居ました。
そんな彼らのエネルギーが伝わるかしら。

音遊びの会に関わり始めて四年が過ぎました。いまや立派な即興音楽家である子供達との共演
に胸をときめかせ、六甲の山奥に通う日々は続きます。

森本アリ(音楽家、旧グッゲンハイム邸企画/管理人)

CD 音遊びの会「音の城/音の海」(OTOCD) http://bridge.shop-pro.jp/?pid=2183806 発売に寄せた僕のコメント。

我が物顔で指揮する少年、挨拶/礼儀を即する少女、自由奔放に踊る少年、予想を裏切る構成で引っ張る演奏、家族も交えて送る優しさに満ちた空間。公演中も目頭が熱くなる瞬間が多く、それをこらえるのが必死だった。それらが、この録音には詰まってる。   森本アリ(三田村管打団?)

写真/松尾宇人(2007年10月13日ONJO+音遊びの会@京都精華大学)
[PR]
by alimylove | 2010-03-17 16:38 | 音楽 | Comments(0)
<< 塩屋音楽会vol.18/“IK... 「塩屋百年百景」展覧会 3/2... >>