6月の旧グッゲンハイム邸の音楽会
b0057887_11332516.jpg


神戸の西の海辺の洋館のちょっとかわった音楽会。イキツギダッシュテスト。

6 (日)バイクモンド / 棚レコード presents "IKITSUGI" 第6回
open 19:00 start 19:30 / 予約¥2,000 当日¥2,500

ブラジル(西崎美津子[vo,harm] 西川文章[g] 服部玲治[ds] 稲田誠[b])
半野田拓 [guitar,sampler] + DODDODO [vocal,sampler]
テストパターン(村岡充[gt,vo] 大森亮平[ba] 谷澤和紀[ds] 林大策[synth])

待望の3rdアルバムレコ発ライブ!なんと5児の母、歌う母さんとベンベンベースのお父さんの妙なうねりが最近なんか異常なファンクネスを感じさせるブラジル。そして、大阪ブレイクコアのサンプラー歌姫ドッドドドドドなドッドドと明石のサンプラーの奇術師半野田拓が同じ機械で対決?ほんでもって、独特の浮遊感とシャープなアンサンブルからさわやかな日本語ポップス、岡山発テストパターン。この3組を観ればあたらしいの意味が変わるよ。

18 (金)バイクモンド / 棚レコード presents "IKITSUGI" 第7回
open 19:30 start 20:00 / 予約¥2,000 当日¥2,500

泊「唄声の港」レコ発ツアー
(武村篤彦, 声 / 笹山鳩, ギター + 井上智恵, keys / 稲田誠, bass)
ふちがみとふなと(渕上純子, ボーカル / 船戸博史, コントラバス)

大阪発さよなら港、とまりのうた。2002年に大阪で結成された武村篤彦と笹山鳩による異色歌謡ユニット。枯れた味わいの武村のギター演奏とオールドスクールな笹山の唄法は、昭和の前半にかつて存在したようで存在しなかった、「架空の歌謡」といえるかも知れません。井上智恵keys、稲田誠bassを迎えた4人編成。京都発、最小限の編成が生 み出す間とスピードを友に、酒の肴や団欒の種になる音楽を目指して約20年。 ひきつづき行脚中、ふちがみとふなと。

27 (日)POLWECHSEL / HOSE
open 19:00 start 19:30 / 予約¥2,500 当日¥3,000

POLWECHSEL(Burkhard Beins, drums, percussion / Martin Brandlmayr, drums, percussion / Werner Dafeldecker, double bass / Michael Moser, cello)
HOSE(江崎將史, trumpet / 古池寿浩, trombone / 宇波拓, guitar / 泉智也, bass / 服部玲治, percussion)

1993年にウィーンで結成、ラディアンのマーティン・ブランドルマイヤーを配するPOLWECHSEL。「リダクショニズム」と呼ばれた分野の草分け的存在だが、常に「その後」を模索し、字義通りの実験音楽に取り組んで来た希有なグループ。そして、東京のダークサイド、世紀末より活動するディプレッシヴ・イージー・リスニング五重奏HOSE。見逃せない。




■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 http://www.geocities.jp/shioyag
 ※ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。

■共催:塩屋音楽会
b0057887_1134112.jpg

[PR]
by alimylove | 2010-05-19 18:52 | 音楽 | Comments(0)
<< 5/28(金)ポジティブシンキング 5/8(土)5/9(日)【音楽... >>