森美術館/ストロボ
4月7日(木)森美術館、「秘すれば花/ストーリーテラーズ」2つの展覧会をやってるのだけど、「ストーリーテラーズ」はけっこういい。エイヤ・リーサ・アハティラ(フィンランド)のやはり血は争えないのか、カウリスマキ・チックな映像集、プロジェクターで見せる20分のより、小さなモニターの短編が面白い。キャレン・ヤシンスキー(米)パペットアニメなんだけど、謎の大粒の涙をポロポロ流すというか、謎の大粒の涙がポロポロ溢れ出すのが知らぬ間に感情を動かす。あと、グレゴリー・クリュードンの映画的な緻密なシチュエーション写真も良かった。+六本木ヒルズ散策。結構裏のカラフルな公園は穴場だ、多色人種の子供達が一緒に遊んでるの、天気も良くて、日本じゃなかったなあ。たまにある人工的で有機的な空間。
 夕方から、zakのスタジオ、「ストロボ」にファンクラブのCDを渡しがてら訪問、バッファロー・ドーターのレコーディングの真っ最中で結局、ムーグ山本と「フレッシュ」って掛け声のコーラスと、それが入る曲に(なんか足りない)「フランス語でラップしてよ、ラップ」「むりむり、うーん、掃除機ラップやったら出来るかも・・・」と掃除機ラップを入れてきた、意外と面白くなったんだけど、始めから、無かった方向性がもっと解らなくなり、悩む、バッファローの3人+zak。
僕は、楽しい時間を過ごさせてもらって大満足。掃除機ラップが丸々削られても大満足。
[PR]
by alimylove | 2005-04-10 02:40 | アート | Comments(0)
<< 犬猫 岡本太郎/カナリア/谷ナオミ >>