5/9-5/18 音箱展@神戸アートビレッジセンター
b0057887_1020261.jpg

神戸アートビレッジセンター(KAVC)では5月9日(金)〜18日(日)の期間、新開地ミュージックストリート2008「音箱」展を開催いたします。この展覧会では約100名の様々な参加者に「30秒間録音と再生ができる装置と紙箱」を配り、それぞれのアイデアや表現を「音箱」として展示します。このセットを使ってどのような作品が集まるのかは百人百種!
複合文化施設である神戸アートビレッジセンターの繋がりを活かした参加者は音楽・美術・演劇・映像・神戸市の施設や企業...等々。
他では観ることの出来ない多彩な顔ぶれによる「音箱」の共演を是非ご覧下さい。

音箱とは、この展覧会のために特注した装置サウンドキット(スピーカ、IC基盤、マイク、電池ボックス、プッシュスイッチからなるボイスレコーダー)と10cm角の正方形の紙箱。
このキットを使う事への制約は特に無し。どのような作品に仕上がるかは参加者次第!

【出品作家・団体・施設】
ASUNA、石井モタコ、いたずラっコ、伊藤存、稲田誠、井上明彦、今崎陽吉、イルリメ、岩淵拓郎、ヴィッセル神戸、ウォーリー木下、魚住勇太、YTAMO、内橋和久、梅田哲也、江原里奈、FMわぃわぃ、太田朋、大友良英、OORUTAICHI、岡愛子、おかけんた、岡田一郎、岡田神一、小川しゅん一、小曽根実、小田寛一郎、越智友起子、オニ、音響王子、貝つぶ、片岡達美、桂雀松・九雀・吉弥、加藤義夫、金村仁、金氏徹平、株式会社ジーベック、河野あや子、木皿泉、季村敏夫、日下部一司、工藤千愛子、久保信一朗、劇団赤鬼、河内成夫、神戸映画資料館、神戸市立王子動物園、神戸市立青少年科学館、神戸新聞松方ホール、蝙蝠、コラ、坂出達典、サキタハジメ、佐々木一右衛、ZAK、砂十島NANI、シスメックス株式会社、シモダノブヒサ、善竹隆司、高田徒歩、高嶺格、竹内厚、谷本研、チキンジョージ、TAKE IT EASY!、テニスコーツ、寺門孝之、土岐英史、冨岡映里、中澤純一、中西玲人、中村浩一郎、菜月チョビ+オレノグラフィティ、成田一徹、南京町商店街振興組合、二階堂和美、西川文章、ニシジマ・アツシ、bikemondo、PAC、濱脇奏、林敏之、林勇気、原田郁子、平林之英、黄金福、フェリシモ、福永祥子、藤川怜子、藤本由紀夫、古田知英、ペ・ド・グ、MISHRA ASHWINI KUMAR、宮崎みよし、musika-nt/山内庸資、村井啓哲、森本アリ、森本絵利、八木良太、大和川レコード、U-ZHAAN、吉光清隆、Rogues’ Gallery、若松孝二、若林みわ、和田淳、WAKKUN、WONDERFUL O

気づきましたか?すごい面子なんです。元々、KAVC林くんから相談を受け、なら、10秒ぐらいのオモチャの録音装置とかで、など言いたい放題いったのが、こんなことに。
ちょっとした、キュレーションをした感じです。僕が20名お願いしたのですが、この面子はちょっとした事件ですよ。30秒の音楽フェス、音楽フェア?

石井モタコ、稲田誠、イルリメ、YTAMO、内橋和久、梅田哲也、大友良英、OORUTAICHI、オニ、木皿泉、コラ、ZAK、砂十島NANI、高嶺格、テニスコーツ、二階堂和美、西川文章、bikemondo、原田郁子、U-ZHAAN、

そして皆、僕の電話の勢いで快く「ノーギャラ」で引き受けてくれてるんです、そして、「音箱」は、出品者の設定価格で売られます。(その大部分が作家にバックされるので厳密にはノーギャラではないか)で、その設定価格が安い。僕が知ってるのでは、大友さん1万円、ウタモちゃん2100円。
世界に1つしかないオリジナル音源/作品をびっくり価格で。
テニスコーツに到っては無料!?やって。これは抽選!僕もめちゃくちゃ欲しいのでエントリーします。僕は、ペ・ド・グ(トランペット集団)と森本アリで出品。

「音箱」展 音箱日記 
[PR]
by alimylove | 2008-04-30 10:23 | 音楽 | Comments(0)
<< 5/3-5/5 「くも」で「ウ... 家具を作ってました。 >>