7/20(日)くもがショピンああなってグラフ
b0057887_11294879.jpg

graf TEN_PLUS 企画
ショピンがユーテンジェルグからやってきた!だったらgrafでおめでとう ライブ

『ユーテンジェルグの缶詰工場』1st CD発売を記念し、東京から”ショピン”がやってきます。

日曜日のお昼からオープン。
お昼からライブがはじまるまでの間は、ショピンやみにまむす、graf staffと一緒に、楽器をつくったり、お話したり、音をならしたりして お過ごし下さい。
常設されているgrafのたくさんの道具箱には、いろんな楽器の展 示を予定しております。
夕方からぼちぼちライブをはじめます。お子様も大歓迎、ご来店お待ちしております。

7/20(日) 13:00 open / ライブは16:00~ 20:00終了予定□ 楽器をつくろうin graf オープン !!
(13:00-15:00)参加費¥500(ten_plus tea 飲み放題)
graf の工場の木材やいらなくなった素材を使って、鳴りもの楽器をつ
くりましょう。そして、夜のライブで鳴らしましょう。
材料に限りがあります。作られる方は、お早めにお越し下さいませ。

定員:70名  定員になりしだい〆切させて頂きます。
会費:前)2500円(1DRINK付)当)3000円(1 DRINK付)
*お子様大歓迎!12歳までのお子様は無料とさせて頂きます*
場所:graf salon 大阪市北区中之島4-1-18graf bld.1F
予約/お問合せ:TEL:06-6459-2121またはe-mail salon@graf-d3.comまで

LIVE:
ショピン
2006年冬のとある日、お酒の席にて大結成。
タカハシ ペチカが作り溜めていた楽曲を野々歩が歌い、田中がアレンジやらちょっかいを出していく手法で、ショピンらしい音を模索しつつ、ライヴハウスやカフェなどでゆるりと活動。メンバーはタカハシペチカ(ヒネモス)野々歩(コケストラ)田中馨(SAKEROCK)

トウヤマタケオカルテット
ロック、ジャズ、クラシックなど様々な音楽をルーツに持ちつつも独自の解釈で作曲、編曲、演奏活動を行う。目指すは音楽が音楽以外に何も 必要としない音楽を作ること。現在はソロ、カルテット、楽団という三 つのライブ形態を持つ。

みにまむす。(from赤犬)
おしゃれとカフェの間から生まれた小さい楽器をかき鳴らす大道芸的音 楽カルテット。

くも( from 三田村管打団?)
4管。 晴れたり曇ったり、ゆるいのか美し いのか、明日の天気は分からない。そんな雲行きのあやしい音楽だった り。5月に「ウリチパン郡+くも」としてのウリチパン郡のレコ発手伝ってました。
[PR]
by alimylove | 2008-07-17 11:30 | 音楽 | Comments(0)
<< 8/23(土)音遊びの会@大友... 5/3-5/5 「くも」で「ウ... >>