<   2005年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ライブ告知!7月13日(水)三田村管打団?@Big Apple
b0057887_045165.jpg神戸・元町 BIG APPLE tel 078-251-7049
2005年4月13日(水)19:00open/19:30start
charge 前売/当日 1,500円/1,800円
info: www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/
予約+info kumacoop@dream.com
メンバーが揃うのはBig Appleだけ。
2ステたっぷる聴けるのもBig Appleだけ。
是非是非どうぞ!よろしくおねがいします。
[PR]
by alimylove | 2005-06-30 00:45 | 音楽 | Comments(0)
追悼 奥崎謙三
b0057887_015247.jpg
b0057887_02738.jpg

先日、神戸市兵庫区荒田町が生んだスーパー・ヒーロー奥崎謙三さんが永眠されました。
言ってる事は破綻してるし、暴力は振るうし、決して尊敬できる人間ではなかったろうと思うのだけど、原一男の傑作ドキュメンタリー「ゆきゆきて神軍」で軽トラ一台で皇居前で拡声器で独りでスピーチする様はすさまじく素晴らしかった。天皇をパチンコで襲撃、天皇家のポルノビラ(アイコラですね)を東京の百貨店屋上からばら撒くなどの破天荒な行動の数々、結局、発砲で傷害罪、若くには殺人罪で投獄されてるので決してリッパな人間ではないがすごい。
この人の、荒田町の自宅はあまり報道されてないみたいだけど、僕にはこれが最高のビルボードハウス、川俣正もビックリな彼の主張が所狭しと書き綴られた要塞、これは二十世紀の勝の遺産でもでも負の遺産でもなく1人の力の遺産として保存して欲しい。神大病院前。
もっと、いい写真がいっぱいあったはずなんだけど見つからない。
GWCAの記載の新バージョンの前には彼のステートメントが箇条書きにされてて良かったんだけど。それと、南面の一番上の角に遠くからでも見えた「田中角栄を殺す」という言葉にはいつもゾッとした。人となりを少し選挙時の主張主演映画「神様の愛い奴」のホムペ(名言集アリ)などよかったらご参照あれ。ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by alimylove | 2005-06-30 00:04 | アート | Comments(0)
もしもし@豊能郡・スペース天
6月25日(土)ガムラン楽団、マルガサリ主催の彼らの練習場である妙見山付近の山中の元寒天工場を改装した、リッパな普段はマルガサリの練習場として使われてる「スペース天」での(たぶん)1年に1回のお祭りに参加。山奥でも来るんやな、昼の部は100人ぐらい来てた。
ガムランには2種類ある、ジャワの宮廷音楽としてと、バリの民衆音楽としてのと、マルガサリの演奏は前者。僕は荒い演奏が聴きたいと思ったからバリのの方が好きなんやわ。
でも、民博に置いてそうなガムラン一式の大きさと荘厳さには驚いた。
 「もしもし」は僕は結構独りでノリノリになってたり、楽しめたのだけど、相方・森山が緊張しすぎて、頭がカラッポになってて、段取り完全に忘れてた。おいおい。
という、ちょっと、チグハグなことになってしまったのだけど、「もしもし」は音楽的にかなり面白いからもっと技を磨きよりよい「もしもし」を提供します。黒米ぜんざいもカレーも美味しかった。
立地・雰囲気・フード・など五感で楽しめるイベントだった、蛍も見れたし、ありがとう。
[PR]
by alimylove | 2005-06-28 01:50 | 音楽 | Comments(0)
美しい夜、残酷な朝
6月24日(金)香港・日本・韓国の短編オムニバス映画鑑賞。映画情報を観てたら、えっフルーツ・チャンの映画やってるやん!観ておかなければ!と。
 美しい夜、残酷な朝 2004年  製作:香港/日本/韓国 124分
 『dumplings』 (監) フルーツ・チャン
 『box』 (監) 三池崇史
 『cut』 (監) パク・チャヌク
突然の予備知識なしに行くと、20代-50代の女性のみで男性の観客、僕1人。
何故かって、パク・チャヌク(オールド・ボーイは期待したけど僕はダメやったなあ)作品はイ・ビョンホン、ビョン様主演、それでか~~。でも、ヒドイ映画でした。ビョン様ファンもげんなりだと思う、JSAにしてもオールド・ボーイにしてもこの人の映画はまっとうな人ががハメを外すような気恥ずかしさがある。なんか、営業っぽい感じ。
 で、三池崇史作品もこれはヘボイ。長谷川京子 、渡部篤郎のキャスティングがひどく、シナリオもアジアホラーを意識した感じで、これは三池営業仕事でしょ。にしても渡部篤郎.....なにやっても同じ、それでいいのか。ハセキョウも演技派気取り?無理がある。
 で、フルーツ・チャン作品は、これも、他よりはいいけど、あんまりでした、それでも、あんなえぐいのに、たくましい生を表現できるのはなかなか。
僕は、フルーツ・チャンの処女作「メイド・イン・ホンコン」で激・感動して、「花火降る夏」「リトル・チュン」までの香港返還三部作(主役は男子)、「ドリアン・ドリアン」「ハリウッド・ホンコン」とたぶんもうすぐ次作も出る、香港出稼ぎ三部作(主役は女子)のいままでの長編5作毎回期待を裏切られず、どれも僕には傑作。僕にとって特に感性が合う映画監督。ちなみに、「メイド・イン・ホンコン」がサム・リーの初出演/主演作(ストリートでスカウト)なのでファンの方も是非みてみて。
[PR]
by alimylove | 2005-06-28 01:20 | 映画 | Comments(0)
もしもしのライブ告知 6月25日(土)@大阪の山奥!
森本アリと森山ふとしのもしもし去年九月の初披露以来のライブです。
少し新しい環境音楽のカタチを模索する私達。ギター、ゲームボーイ、ギタレレ、サンプラー、トランペット、スライディング・ホイッスル、シンセ...色々使います。でもなごみ系、ナゴム系?
マルガサリは日本有数のガムラン楽団です。大自然の中で聴こか。もしもしは18時半。
■ 天の音 2005
■ 2005年6月25日 14:00~/17:30~ at スペース天 入場無料
■ 主催/マルガサリ 後援/インドネシア共和国総領事館 協力/Tenba-A、コスモスの里
■ 1部 14:00~ マルガサリ コンサート  
■ 2部 17:30~??:?? 音蛇口vol.2 [live&performance]
     小島 剛   CIBLO TEN BOSS   「とある三人のための歌」
     naBsa   HANA JOSS+コンチョコンチョ   ひとみかり
     中村 好伸   HIROS   もしもし(森本アリ+森山ふとし)
■ マルガサリからお客さまへのアドバイス
会場周辺は山間部の為、気温が下がることが予想されます。防寒の上、雨具、寝袋、毛布などをご持参いただくと、「天の音」をより快適に楽しんでいただけます。
本イベントはオールナイトイベントではありません(仮眠用スペースはございます)。
■ お問い合わせ tenoto@margasari.com
スペース天 〒563-0211 大阪府豊能郡豊能町牧下林9番5 
[PR]
by alimylove | 2005-06-22 19:42 | 音楽 | Comments(0)
SAKE ROCK
b0057887_129846.jpgb0057887_1293455.jpg
6月21日(火)サケロック@神戸・元町 ラフレア
めっちゃくそおもろかった!三田村のアカネが大ファンで聴かせてもらってて、音源ではラウンジーでオシャレなものだと思ってたら。抱腹絶倒もう堪忍なライブ。曲も4人の化学変化的な複雑な展開の上、トロンボーン浜野の美しくパワフルな演奏+面白すぎる身振り言動行動。
やさしく見守るリーダー星野。ええもんみた。皆酒六ライブ必見。裸のがTボーン浜野。
三田村の女子2人と3人で行ったのだけど3人ともCD購入+メンバー全員のサインねだるの入れ込みよう。早速CD聴いたらこれもちゃんと旨いところ表現できてる。感心。
サポートアクトの砂場チルドレンもボーカル(男)がやけに美しい声でジャンル的には、別にーって普段思うもんやけど良かった「茶柱が立った、茶柱が立った」って...。
[PR]
by alimylove | 2005-06-22 01:29 | 音楽 | Comments(0)
三田村管打団?@「ブラスの快楽」vol.2 ブラスを聴け!
b0057887_142433.jpg6月17日(金)大阪 新世界 BRIDGEにて。
出演 : Freylekh Jamboree 
三田村管打団? POPO  K-106 

広いブリッヂを有効に使う為、トークセッションも含め、5箇所別々の場所でライブ。三田村は2階ロフト部分から人を見下ろす形で演奏、長細いスペースに横長に並んで演奏、下を歩けば聴こえる音が違ったんじゃないかな。爆裂な始まりが楽しかった。
写真はPOPO 山本信記(tp,syn) 江崎將史(tp) 喜多村朋太(organ) 最近毎週山本さんからトランペットレッスンを受けています。精進精進。
[PR]
by alimylove | 2005-06-20 01:04 | 音楽 | Comments(0)
荒木太郎&co.とロケハン?
b0057887_23434220.jpg6月14日(火)15日(水)少し前のブログで熱く語っている、ピンク映画監督荒木太郎が神戸を舞台にした新作の為に来神。面識なかったのですが、ピンク映画フリーペーパーピンクリンク発行人/新劇会館バイトの太田君から連絡があり、一緒に散歩しませんか?と。新劇で待ち合わせをして荒木監督と同行の女優/脚本の淡島さん(思慮深い、美しい!)も一緒に、夜の新開地から、北へ北へと湊川公園、東山商店街、新湊川商店街、石井橋周辺までからまた新劇会館までと3時間休みなく歩き続けた。
北に行くほど、生活空間になり山にも近づくから階段や小道も面白く、まだ何もない構想も膨らみそう。映画での視線と同じく、共感できる視点が多く、街の移り変わりを推量したり、時代背景を考察したり楽しい散歩だった。その後、食べながら僕は地元塩屋を熱く語ったので、
次の日は塩屋探訪、これも3時間程だったんだけど、海岸、漁村、異人館郡、空き地、自宅、豆腐屋、コロッケ屋、山の崖の上・・・色々見せて回った。視点が似てる。うれしい。
途中で偶然会って一緒にコロッケを食べた、三田村saxのイイノ(荒木作品好き)が後日「あのはいい人だ」と三回ぐらい繰り返してた。本当にいい人。楽しみだ!
荒木監督の多呂プロでは神戸作品での企画・脚本・俳優など広く募集してます。よかったらweb覗いてみて。8月の撮影予定が10月に延びるみたいなので、時間もあるぞ。
[PR]
by alimylove | 2005-06-19 23:45 | 映画 | Comments(0)
レディ・ウェポン+ピンクX2
b0057887_11574699.jpg6月13日(月)新開地・新劇会館2で香港アクション
+ピンク2作の3本立て観てきた。
レディ・ウェポン (香港)(監)チン・シウトン 
(出)マギー・Q アンヤ ダニエル・ウー(神戸初公開)
ピンサロ嬢 優しい指と激しい舌 (監)国沢実 
若妻ひとりH 夜まで待てない (監)加藤義一
半年以上前の映画秘宝の表紙で観たかった「レディ・ウェポン」は「赤裸特工」の原題がそそる、女殺し屋育成カンフーアクション、と思いきや(もちろんかなりバトルの多い映画なのだけど)いつの間にかラブコメで、CIA捜査官とマギーQ(写真右)のライク→ラブ?な関係が微笑ましく、なんか節操のないごちゃ混ぜ感がたくましい。いいなあ、香港映画。ピンクは国沢実はまあまあ良かった。
[PR]
by alimylove | 2005-06-15 12:01 | 映画 | Comments(0)
全身小説家 疾走プロの疾走
6月10日(金) 全作上映の内、5作品中未見のを観にKAVCへ。
「全身小説家」(監) 原一男 (1994年) 疾走プロ
作家 井上光晴の晩年5年追い続けた入魂157分のドキュメンタリー。意外と周りの取り巻きも本人も僕には刺激が足りない感じで、そこでやはり冴えてる原一男は「イメージ篇」として、自伝小説の再現、そして、真実を知る人の検証を交えていくのだけど、そこに小説家の一種理想化された虚構が暴かれていく、それを、僕ら観客は対象を意外と「小物」と思いながら観るのだけど、その検証結果を本人には見せずに本人が亡くなってから完成させる。本人には確認せずに、あいまいなままに残す。事実を曲げて面白いドラマを作るのが小説家の醍醐味と言わんばかりに。そしてその虚構を観客も肯定的に認められるようになり、すがすがしい鑑賞後感を味わう。個人的にはこれ以前のドキュメンタリーの方が対象の強さが作品を強くしてると思うのだけど、技あり。
[PR]
by alimylove | 2005-06-12 23:05 | 映画 | Comments(0)