<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
3月25日(日) 音樂多面軆@BRIDGE
b0057887_1048440.jpg
音樂多面軆~Experience Diversity~

音楽である以前の「音」そのものにフォーカスを絞り表現を探求する人達。ポップミュージックのフィールドでも、多角的な方法論を持ち込んでいる人達。「音」を使いあらゆる表現形態を模索する人達。NPOビヨンドイノセンスとは、それら未知の世界を探求する音楽家達を繋ぎ、またその鑑賞者達を誘うことを目的とする組織。BRIDGEはその実験的コミュニティスペースです。今回は特に次世代を担う青少年の皆さんに向けたプログラムを企画しました。

Cプログラム 3/25(日) 13:00open 14:00start @新世界BRIDGE
参加料:¥1000(資料代・ドリンクチケット含む)+フリーカンパ
音の玉手箱のような楽しいライブ。さて何が飛び出すか!!

●若尾裕
作曲家、即興演奏家(ピアニスト)、神戸大学発達科学部教授。即興演奏、音楽療法、サウンドスケープなどの領域を結びつけ、コミュニティ音楽療法など新しい音楽療法の可能性を探求している。「音と遊ぶ」フェスティバル主宰。主な著書に「音楽療法のための即興演奏ハンドブック」(音楽之友社)、「奏でることの力」(春秋社)「音楽療法を考える」(音楽之友社)、CDにジョエル・レアンドルとの「千変万歌」(メゾスティクス)等。

口八丁 牧歌的ローファイ電子デュオ。チューバ奏者である高岡と妙な楽器専門のアリが、2
人共口琴、2人共電子楽器、2人共サンプラー、2人共管楽器、ついでに家庭電化製品
まで操る原子と電子が原始的・有機的に分解→融合→発熱。いい加減なのに不思議な
まとまりを持つ、まさに口八丁手八丁なユニット。
森本アリ(口琴,gameboy,tp,掃除機,toys,etc) 高岡大祐(口琴,low-bit sampler,b
aritonhorn,toys,etc)

popo
2004年大原裕追悼の集いに参加した際に3人でSightsの曲を演奏したのがきっかけとなりスタート。詩的で心揺らぐチェンバー・ロックステディバンド。 この夏compare notesより1stアルバム「kibito」がリリースされた。
山本信記(trumpet, synth) 江崎將史(trumpet,recorder) 喜多村朋太(organ)

音遊びの会 3月11日(土)の記事参照。

僕は、口八丁と音遊びの会の両方での出演です。口八丁も珍しいが、音遊びの会も必見。
[PR]
by alimylove | 2007-03-24 01:51 | 音楽 | Comments(0)
三田村管打団?3月4月5月
b0057887_1225828.jpg

子供向け音楽ワークショップ
3月3日(土)14時-16時 神戸大学大学院総合人間科学研究科ヒューマン・コミュニティ創成研究センター(長い!)の施設、のびやかスペース 「あーち」 にて、
音楽の広場、おひな祭りバージョン
三田村管打団?「0からの作曲/みんなで合奏」ワークショップ。
参加無料!子供を連れてどうですか?

電々タウンパレード
3月21日(水)三田村管打団?+ダンス・ボックス・ダンサーズで参加します。
14時-16時の間の15時-15時半。
この日の電々タウンはコスプレの人達だらけで相当楽しいです。

コーネリアスのオープニングアクト
THE CORNELIUS GROUP "SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW"
4月8日(日) 京大西部講堂 OPEN 15:00 / START 16:00
All Standing ¥4,500(税込・ドリンク代別)
ゲスト:PARA / ドラびでお / 高木正勝 / 三田村管打団?

京都でワンマン@アバンギルド
4月18日(水) 19:00 open 19:30 start 前売1,500円 当日1,800円(要1drink)
ワンマン@京都 UrBANGUILD tel/fax 075-212-1125
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F 

OSAKA authentic PUNK STYLE VOL.6
『OSAKA MOTOWN…』 @ 心斎橋 CLUB DROP

4月29日(日) 開場 17:00 開場 18:00  (予定)  
前売り2800円 当日3300円 (1ドリンク別)  (予定)
▼ オーサカ=モノレール   ▼ スカポンタス
▼ K-106  ▼ 三田村管打団?

神戸/元町でワンマン@ Big Apple
5月9日(水) 19:00 open 19:30 start 前売1,800円 当日2,000円(要1drink)
tel/fax 078-251-7049 e-mail : big-apple@i.bekkoame.ne.jp
中央区山本通3丁目14-14トーアハイツ B-1

info/予約/問合せ、三田村ブログ参照。よろしく。
[PR]
by alimylove | 2007-03-20 00:00 | 音楽 | Comments(0)
3月18日(日) みんなで合奏! ワークショップ
b0057887_1114453.jpg
graf/PURE+共催で子供向け音楽ワークショップをするということで、呼ばれました。
「音楽家の森本アリさんとみんなで合奏!」
13時~15時 と 16時~18時 の2回。各回限定10名。対象年齢4歳-10歳。

ハナウタだってリッパな音楽だ。皆でデタラメな音楽を作って、音で楽しみませんか?

PURE+ 06-6447-5122 info@pure-plus.net
graf 06-6459-2121 gm@graf-d3.com
[PR]
by alimylove | 2007-03-10 11:00 | 音楽 | Comments(0)
3月11日(日)音楽ワークショップ@神戸大学
b0057887_10392111.jpg
「音の町」 おとのまち 

自分たちの音楽を探す 音楽ワークショップとシンポジウム

3月11日(日)10時 - 16時
神戸大学神大会館(百年記念館内)六甲ホール 

ワークショップ(20名限定・申し込み制)10時 - 12時
ワークショップ成果発表会 + シンポジウム(自由参加・申し込み不要)13時30分 - 16時

[両プログラム共に参加無料]

音楽、音を楽しむってなんだろう?
好きな音楽、聴きたい音楽、やりたい音楽ってなんだろう?という素朴な疑問
について、多彩な音楽家、知的障害を持った人達たちと共に、大人数での演奏、
少人数でのグループワークショップを通じて探ってみます。
応募資格はまったく不問、乳児から老人まで、障害の有無に関わらず、
広く参加を求めます。ただし、限定20名。お早めに。
そして、観客の前でのワークショップの成果を発表し、その後のシンポジウム
では、「音遊びの会」に関わってきた企画者、音楽家、研究家、保護者と共に、
これまで関わりを持たなかった人たちが、音楽を通して共鳴してきたことの意
味を、さらにコミュニティーでの共生、そして地元に根ざした活動について、
語り合います。できるだけ多くの方に見ていただきたい。そして、聴いていた
だきたいです。多くの方のお越しをお待ちしております。

音遊びの会
2005年9月、即興演奏を得意とする音楽家、知的に障害のある人、音楽療法家が、
神戸大学音楽棟に集まった。共に即興演奏を行うことにより、新しい音楽表現の地平
を開拓しようとワークショップを重ね、今までに「音の城」「音の海」「音の公園」
という3回の公演を行う。「音の城」では、神戸の山の手にある古い洋館、旧乾邸で、
客間、廊下、庭など様々なところを用いて音楽を生み出した。「音の海」は、神戸港に
浮かぶ人工島にあるジーベックホールで行われ、フェスティバルのように27演目
ものアンサンブルを披露。そして「音の公園」は、東京のオリンピックセンターで、
風船が飛び交うにぎやかなステージを披露した。メンバーは年齢も職業も多種多様。
とにかく舞台が好き、新しいことが好き。お母さん、お父さんたちのパワーもすごい。
公演時の録音をもとに、「音の城/音の海」(OTOCD001/002)というCDも発売され
ている。http://www.k3.dion.ne.jp/~rii/

参加ミュージシャン

千野秀一
オールタイチ
ウタモ
山本信記
森本アリ
沼田里衣
鈴木勝
みやけをしんいち
飯野弥生
廣田智子


シンポジウム参加者

有働眞理子
高野美由紀


申し込み・問い合わせ先
神戸大学大学院総合人間科学研究科ヒューマン・コミュニティ創成研究センター
(担当:津田英二) tel 078-803-7972 fax 078-803-7971 zda@kobe-u.ac.jp

参加者の募集(いずれも参加費無料)

第1部 10時~12時 の「ワークショップ」には、
20名の参加者を募集します。下記要領でお申し込みください。赤ちゃんからお年寄りまで、
国籍、障害の有無を問わず、ご応募ください。定員に至り次第、締め切らせていただきます。
(第1部ご参加の方は、第2部もご参加ください。)

第2部 13時30分~16時の「シンポジウム」は、申し込みいただかなくても、どなたでもご
参加いただけます。

主催 神戸大学大学院総合人間科学研究科ヒューマン・コミュニティ創成研究センター、
灘地域文化拠点創造実行委員会

灘地域文化拠点創造プロジェクト(「文化芸術による創造のまち」支援事業)
[PR]
by alimylove | 2007-03-06 11:22 | 音楽 | Comments(0)