<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
4/5 「あなたの知らないウリチパン郡の世界」
来週日曜日に迫った「塩屋音楽会」vol.12
「あなたの知らないウリチパン郡の世界」
題名は今付けました)のお知らせです。

ウリチパン郡のウタモと亀井奈穂子によるピアノ連弾
そして、川崎歩(ダンサー/振付家/ウリチパン郡「パヤパヤ」PV監督)
によるダンス作品(音楽:オオルタイチ)。

奇才集団の新民族と新大陸が見れます。お見逃しなく。

■日時:2009年4月5日(日)19:00 open 19:30 start
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約 ¥2,000 当日 ¥2,500

■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 http://www.geocities.jp/shioyag

と短い紹介で終わってしまいそうなのですが、実は2年ぐらい
暖めている企画です。というのも2007年大阪、新世界フェスティバルゲート内
の音楽施設ブリッヂの閉鎖にと同時期に旧グッゲンハイム邸の立ち上げが重
なり、厨房設備一式に加えピアノもいただけることになりました。
ブリッヂにはヤマハとディアパソンの2台のピアノがあり、一般的にはヤマハ
の評価が高かったのですが、カメ(亀井)ちゃんやウタモちゃんの
「私は、こっちのディアパソンの方が好きやねん、高橋悠治さんもこっちの方が
好きやって言ってたよ~」のピアノのことは分からず、半ばミーハーな決断で、
ディアパソンを譲り受けました。

譲り受けたといっても、つわものどもが集っていたブリッヂのピアノ、ビールがこぼれたりという修羅場は日常茶飯事そして、数々の内部奏法、果ては千野秀一自身がピアノ内部に潜り込むという珍事まで経験しています。

修理をしなければとてもまともに使える代物ではないとの意見が多く、修理を施し、
ウタモちゃんには修理過程での試し弾き、そして最終調整がされてます。

いわばうちのピアノはウタモ基準なんです。
そして、グッゲンハイムに運び込まれたときもウタモに試奏してもらい、
ウタモは「ピアノが生まれ変わった」と涙してくれました。

そして、僕とは10年以上の付き合いカメちゃんは千住くんの結婚披露宴でも邸とピアノを使ってくれました。そして尊敬してる4人の音楽家たちは「ウリチパン郡」というバンドになり、2ndアルバムには三田村管打団?としても参加し三田村内部ユニット「くも」ではレコ発ツアー行きも帰り車中泊1泊3日の東京遠征にも同行と親交深い人たちです。

そして、ウタモ、カメと常々話していた、2人のピアノ連弾コンサートをやっと出来ることになりました。実は2人ともピアニストとしても相当の手練で1年に1回2人の連弾でのリサイタルへの参加もしてます。クラシックです、そしてこの2人なので20世紀の作曲家も含むとんがった選曲です。そのやり溜めた選曲に今回新たなものも含めた2人の奇才の素敵な連弾を思いのこもったピアノでの演奏、聴きに来てください。

そして、そのスペシャルな機会にスペシャルな企画をと
オールタイチが川崎歩くんとのダンス作品を発表してくれます。
どうぞ皆さんよろしくお願いします。

Urichipangoon ウリチパン郡 (from 大阪) 時空を越え、宇宙から日本へ!!
2008年4月、制作期間4年をかけた待望のニューアルバム「ジャイアント・クラブ」をgraf傘下のAKICHI RECORDSよりリリース。坂本龍一、UAなどをはじめ各方面から00年代のJ-POP史上に名を残す名盤と評されるなど絶賛をもって迎え入れられた。今日はバンドメンバーの亀井奈穂子とYTAMOによる、クラシックの名曲達の連弾演奏をお楽しみいただきまして、さらにバンドメンバーのオオルタイチが奇才川崎歩氏振付・演技によるダンスに音楽を当てます。

川崎歩 カワサキアユム (from 京都) 「imagination」とは何か、と問い続けるアーティスト。その探求のひとつとして、振付を行い、踊っている。ダンスカンパニー「半熟目玉盲点観光ガイド」では、観光と称した様々な土地でのフィールドワークや、youtubeなどの映像を、身体の動きに変換する試みをしている。またウリチパン郡のPVなど、映像も作っている。京都在住。
[PR]
by alimylove | 2009-03-27 12:16 | 音楽 | Comments(0)
3/21(土)運河の音楽
b0057887_1334687.jpg

なんだかすごいことになってるのですが、時間、場所が広範囲でフォローするのも大変、その上詳細も、
こんがらがる分からない多すぎる情報がザーっと載ってる日記を御参照ください。
神戸コミュニティアート制作日記

ドック内を舞台としたプログラム
多数の船が係留してある舞台での音楽
材木加工場内でのサウンドインスタレーション
5回以上の複雑なエコーが聴こえる場所の音楽
材木引き上げクレーンの音楽
風船と吹奏楽によるサウンドインスタレーション
「ストップ目覚まし時計」
ド迫力和太鼓と現代舞踊家関典子(神戸大学講師)によるコラボレーション
知的障害者と即興音楽家・舞踊家によるコラボレーション
小学校低学年が作曲した「絵楽譜」の演奏
高齢者ハンドベルグループによる即興幻聴音楽
吉田中学ブラスバンドによる演奏
アカペラ舟歌
ストリートストリングス
漁船の音楽
幻聴レガッタ競技の音楽
法螺師による演奏

など、全長2.5キロ、移動式大野外音楽会。
全て無料!申し込み不要!!

僕は、神戸ドック 12:15-12:45
の中で、廣田智子(tb)、藤本優(tb)ほか助っ人も加え演奏。

そして、住吉橋・日清製粉前 14:30-15:15
森本アリx三宗匠、風船と管楽器によるパフォーマンス
風船いっぱい浮かべて、風船が漂うのを楽しみます。

さらに、兵庫運河フィナーレ
では「音遊びの会」としての出演。


情報のブログへのアップもすっかり遅れてしまいましたが、先週までの「プレ塩屋百年百景」の撤収も終わらぬまま、20日の午後のストリートフェスタと夜の塩屋音楽会、21日の運河でもオリジナル、俺ジナルな企画2本と音遊びの会の1日で3ステ。すでにリハだらけですが、どれも問題なく乗り切れます様に。どれも面白いので、機会が合う方は是非です。
[PR]
by alimylove | 2009-03-17 13:06 | 音楽 | Comments(0)
3/20(祝・金)塩屋音楽会vol.11 UKIYO
b0057887_1219469.jpg

日が差し迫ってきました。詳しくは、旧グッゲンハイム邸ブログまで。

旅のチューバ吹きとベルギーの個性派ピアニストの競演、「UKIYO」。
そして、地産地消、塩屋のアレダレ? アレダレ・ビッグバンド
あまりみれないものが心地よく観れるのは、塩屋音楽会。

僕にとっては、「口八丁」の相棒、高岡大祐は最近ベルギー親善大使にでも任命したいぐらいの親白耳義っぷりでよくベルギーにも行っててうらやましい限りなのですが、今回は、ブリュッセルからピアニスト、Giovanni di Domenicoを招聘。
ブリュッセルはヨーロッパの国境の垣根がなくなったことで様々な音楽家たちが自発的に集まり、有機的なムーブメントが起こり、一大音楽都市と変貌を遂げています。その町のような多彩さを持つ彼の初のピアノツアーです。

そして、塩屋のちょけた兄弟、塩屋音楽会vol.4での演奏が素晴らしかった「アレダレ」がパワーアップして「アレダレ・ビッグバンド」として帰ってきます。グッゲンハイム邸裏の長屋のいい加減な人たちがガッチリ(?)サポートです。どうぞよろしくお願いします!

■日時:2009年3月20日(金)19:00 open 19:30 start
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約 ¥2,000 当日 ¥2,500
[PR]
by alimylove | 2009-03-17 12:31 | 音楽 | Comments(0)
3/20(金)日本橋ストリートフェスタ2009
これまで3年連続で参加してきた、電々タウンパレードに今年はどうにも面子が揃わず、
三田村間管打団?より森本アリ(tp)、廣田智子(tb)、塩田遥(tuba)の3人で、
やっつけな名義ですいません、「プチ管だけ団?」という名義で、今回は、田岡和己振り付け/構成のFUPRO-ject とのコラボレーション。つまりダンス作品です。

3/20(金)日本橋ストリートフェスタ2009

今回はパレードではなくステージでの参加です。
サブステージ3、15:15~15:45 「新世界アーツパーク未来計画」というのが僕らのです。
[PR]
by alimylove | 2009-03-17 12:09 | 音楽 | Comments(0)
3/6-3/15 「プレ塩屋百人百景」展覧会
c0144311_11144854.jpg

「プレ塩屋百年百景」展覧会
  2009年3月6日(金)〜15日(日)
  11時〜18時 旧グッゲンハイム邸2F
  入場無料
  詳しくは「塩屋百景」ブログへ

2010年の写真集発行に先駆けて、これまでに収集した写真を展示します。思い出のあの写真、あの光景、それを探していただくきっかけにもなればと願っています。どうぞお越しください。

主 催: 塩屋まちづくり推進会
後 援: 塩屋商店会 垂水区役所 旧グッゲンハイム邸

写真:オリエンタルホテル、シーサイド・ヴィラ、塩屋
提供:絵葉書資料館
[PR]
by alimylove | 2009-03-01 12:01 | アート | Comments(0)