<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
明日は枡本航太@グ邸よ!
旧グ邸、森本アリです。
暑くて溶けそうな日々が続いていますが、電車は寒すぎたり
よけいにおかしくなる今日この頃ですが・・・・・・明日!

塩屋音楽会vol.21 「枡本航太リサイタル」 
8/28 (土) open 19:00 start 19:30  予約¥2500 当日¥3000 

枡本が吠える。吠える犬は噛まない。遠吠えボヘミアン。目指せジャイアン。

枡本航太を知ってらっしゃる人はこのメールを送る人の中にはそこそこいる、
かもしれません。世の中的には「無名」僕から見ても「無名」(笑)。
一言で僕が彼の紹介をするなら
「ヒップホップ魂をヘビメタ魂に消化してしまう遠吠えロッカー」でしょうか。
小さな体にいらつきをいっぱい含めたような鋭い目をしながら、知ってる人からは
小動物的なあしらわれかたとかわいがられかたをしている憎めないやつ。

松山出身で尾道にいたり逗子にいたり、海の近くの小さな町好きの共通点が僕とは
あります。そして、もう5年くらい前かもしれない、に見た枡本のソロは抱腹絶倒
の素晴らしいものでした。

で、最近、稲田との録音でグ邸に訪れたりしていたので、夏の終わりに関西に行くので何かできないかと電話がアリ、じゃ、ずっとやりたかったooooooooにオファーしてみたいからその鉄砲玉みたいな前座やってよ、とか失礼なことを言ってました。
そのooooooooは近い日にワンマンがあってちょっと微妙次の機会にとなり、元々ワンマンをと言ってた枡本一本に決めました。

で、あふりらんぽの超満員解散ライブでたまたま枡本にあって値段の相談をしました。
ア「せいぜい、1000円/1500円やんね」
マ「いやー、強気で行きたいんっすよ、2500円/3000円ってどうですかね」
ア「マジで?人来る?」
マ「意外と来ますよ。」

えええ、明日なのですが、予約が3名です。
僕は、三田村管打団?で15名出演で2000円のワンマンの時にお客さんは1人の演奏を130円で見てるんや、安!(それで皆ボロ雑巾になるまで演奏したりするし)とかライブの適正価格について日々考えています。今回、いろんな人にあの枡本プライスはなんなんと突っ込まれ、突っ込みどころ満載な枡本のことなので、大笑いさせてもらいました。
これはあくまでも、「旧グッゲンハイム邸!夏の大バーゲン!」ではなくて、適正価格?枡本のソロを見たい価格です、昨日嫁と相談をし、安くしすぎるのもどうか、じゃあ、1500円にしようと話しました。それで、グ邸関係メールでは送ってしまいました。
それでも一夜明けて、もう一度考えるとむしろ、1000円で見るのが気持ちいいだろう。で、ビールが飲める方がいいんじゃ。
と、予約の方ももちろん、当日も関係なく皆々様1000円にします!
枡本も苦笑いしながら喜んでます。
面白いです。広く人に見てもらいたいです。グランドピアノX枡本に興奮してる人も少なからずいるハズ!よろしくです!

■そして、来週火曜ド平日!3週間前に急遽決定!山村誠一率いるパーカッションユニット
ナショナルジャムズ。レコ発です。よろしくです!

8/31 (火) open 19:30 start 20:00 予約¥2500 当日¥3000 

NACIONAL JAM’S
ピアノとスティール・パンをフロントに、アフロルーツ、カリビアンとビートを構築するリズムアンサンブル。詩的に情景を描く曲、縦横無尽にアドリブを発展させるピアノの旋律など、様々な表情を見せるオリジナル曲。メンバーが複数の楽器を操り楽曲に彩りと躍動を与え、変幻自在に熱いジャムセッションを繰り広げる。2002年結成以来ホール、カフェにとどまらず ギャラリー、お寺、美術館、野外フェスなど神出鬼没。04年「ビート・ハーベスト」09年「ビヨンド・ザ・ビート」リリース。多彩な音楽性を持つ4人の粋なかけあいは世代を越え各地で好評を得ています。

山村誠一(Steel pan、Perc) 永見行崇(Piano、Saber)
山田晴三(Bass、Kalimba)  中村 岳(Cajon、Perc)
[PR]
by alimylove | 2010-08-27 12:20 | 音楽 | Comments(0)
旧グッゲンハイム邸/塩屋音楽会 2010年9月
b0057887_226795.jpg
旧グッゲンハイム邸
塩屋音楽会共催企画 2010年9月
神戸の西の海辺の洋館の音楽会。
「ダンスダソン 惑星爆発 るつこさん」


4 (土) open 18:30 start 19:00 予約¥2500 当日¥3000
ユース(25歳以下/予約当日共)¥1,500
Ensemble Sonne presents Klang Tanz vol.3 Improvisation live
piano - 高瀬アキ dance - 岡登志子, 中村恩恵, 垣尾優

5 (日) open 18:30 start 19:30  予約¥3500 当日¥4000
SON四郎: キューバの伝統的な音楽「SON」をこよなく愛する日本男児四人集、人呼んで「SON四郎」!
都筑章浩 Leader, Bongo Makoto Vocal Mucho Guitar 小泉哲夫 Bass

22 (水) open 19:30 start 20:00  予約¥2500 当日¥3000
“IKITSUGI” 第10回 宝示戸亮二×リューダス・モツクーナス レコ発 Japan Tour
・宝示戸亮二piano × リューダス・モツクーナスreeds
・水谷康久saxトリオ w/稲田誠 bass 半野田拓 guitar,synthsither
・ペ・ド・グ trumpets, vocals w/ bikemondo (西崎美津子vocal)
from北海道、ピアノの可能性に挑み続ける宝示戸亮二。fromリトアニア、自由闊達で融通無碍なるサックス奏者、リューダス・モツクーナス。ジャズ王国リトアニアで絶賛されたデュオによる奇跡のライブがついに日本で実現。音が光り輝く2つの星の衝突と爆発。迎える地元勢も面白いです。

23 (木 祝) open 18:30 start 19:00  予約¥4000 当日¥4500
BIGTORYpresents MASARA第二弾『オーチ・チョールヌイエ(黒い瞳)』発売コンサート
・MASARA 高木潤一guitar 太田惠資 violin 吉見征樹 tabla
スパニッシュとアラビックとインディアンのスピリッツを核融合させた〈国境なき楽士団〉。“終わりのない音楽の旅がはじまる。マサラ7年振りとなる新作CD、青山真治監督が撮るDVDとのカップリングリリースレコ発。

24 (金) open 19:00 start 19:30  予約/当日共に¥3500
早川義夫+佐久間正英 LIVE 「日常で歌うことが何よりもステキ」
・早川義夫 vocal,piano 佐久間正英 guitar 熊坂路得子accordion
ジャックスでの活動、解散引退、書店主。1994年活動再開、アルバム多数発表、何を置いてでも聴きに来て欲しい魂の歌。グ邸管理人の去年のベストワン。共演は、J-POP屈指のプロデューサー佐久間正英。

ほんとはもう一個、9/11にNHKの無料イベントアリ!
出演:ザッハトルテ、田ノ岡三郎
http://www.nedogu.com/blog/archives/178


予約/問合せ 旧グッゲンハイム邸
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL:078-220-3924 FAX : 078-202-9033
E-mail:guggenheim2007@gmail.com
http://www.nedogu.com
御予約の際、希望日、名前、電話番号、枚数を御連絡下さい

JR/山陽電鉄塩屋駅より徒歩5分。大阪より電車で40分三宮より電車で17分。駐車場はありません。
b0057887_2263694.jpg

■ pick-up!

何を置いてでも
聴きに来て欲しい魂の歌。
2009年12月の2人のライブは
グ邸管理人の去年のベストワン!

早川義夫+佐久間正英 LIVE 「日常で歌うことが何よりもステキ」

早川義夫vocal,piano
佐久間正英guitar

熊坂路得子accordion

9/24 (金) open 19:00 start 19:30 予約/当日共に ¥3500

早川義夫(はやかわ・よしお)
1960年代後半ジャックスでデビュー、1969年解散後引退、書店主になる。1994年活動再開、その後多くのアルバムを発表。近年は、佐久間正英とともに、一昨年亡くなったバイオリニストHONZIに捧ぐアルバム「I LOVE HONZI」をリリース。

佐久間正英(さくま・まさひで)
四人囃子やプラスティックスで活躍。その後はプロデューサーとして、JUDY AND MARY、エレファントカシマシ、GLAY、黒夢、くるり、175R・・・など、数多くのアーティストをプロデュースする。

熊坂路得子(くまさか・るつこ)
出身地埼玉県。六歳よりピアノを始め、十八歳の時に師の進めもあってaccordionを始める。短期大学在学中に、学校行事や個展等で演奏をした事をきっかけに卒業後、演奏活動に入った。現在では、ライブハウス、ギャラリー、シャンソニエ、レストランetc・・で演奏活動中。ピアノとaccordionを渡辺美和子氏に師事。2004年3月、女子美術短期大学部卒業。画歴:04’新地ビエンナーレ奨励賞受賞。
[PR]
by alimylove | 2010-08-09 21:58 | 音楽 | Comments(0)
8/12(木)心斎橋 テニスコーツかきつばたアリナミン
b0057887_180759.jpg

告知度忘れです!もう来週の木曜やん!
アリナミンは「音遊びの会」の吉見理治くんをゲストに迎えます。
吉見くんの壮絶シャウトで忘れられない夜にしてやるぜ。ベイベッ。

8/12(木)18:00 OPEN 19:00 START
前売&メール予約:¥2300 / 当日¥2800
場所:心斎橋クラブクアトロ

テニスコーツwith山本精一
かきつばた
アリナミン(森本アリ+Doddodo)

メール予約受付中
(mail→ okunari*clearspot.jp *を@に変えてご送信ください)
ぴあ、ローソンチケット、クアトロでも発売中
b0057887_1814815.jpg

[PR]
by alimylove | 2010-08-07 17:29 | 音楽 | Comments(0)
松山大学ダンス部「名前」まさかの予選敗退
現在自宅にパソコン持たず、事務局でしか作業してないので、タイムラグが!
昨日の文章を書いていた時点で、敗退してました。
悔しいを通り越してあきれています。

予選30校の一番目だったんです、なのでこれはちょっとリスクがあるとは思ったのですが、まさか、、、、
審査員は、学校作品から逸脱していた松大作品にどう対処すれば良いのか面食らったんでしょう。

審査員の名前を見渡した時に、大学の部の参加大学ダンス部顧問でのみ構成されてる審査員。
外様審査員が入ってない、これは正当な評価がくだされるんだろうか?と不安になりました。
的中。

今年は特に全体的に迷走というか面白くないものが多く。
松大の面白さが際立ってました。

時間がないすいません。今日も他のもの観てきます。納得いかんよ。

高校の部も1番目が1番面白かったのですが、埼玉県の本庄第一高等学校ダンス部の「空を見上げた時」はどうだったんだろう?
そういえば、これも最初で正当な審査がくだされるのか心配だった。
[PR]
by alimylove | 2010-08-05 09:34 | ダンス | Comments(0)
松山大学ダンス部「名前」
今日、第23回高校大学ダンスフェスティバル@神戸文化ホール
高校/大学・コンクール部門予選、120校のエントリーのうち時間も被ってるのと、目が付いていかなくなり、大学28校と高校30校程の作品を観ました。
大学部門、風潮が変わって来ていて、迷走・実験も多くでも結局「よくわからない」って思ったものが多くて、高校部門を観ると、大学生がするとちょっと微妙に感じちゃう完成度の高いユニゾンやドモダンなものが、すごく瑞々しく新鮮やったり。

結局、なんと言っても、松山大学ダンス部の創作コンクール発表作品「名前」。

大技もない、派手な動きやユニゾンもない、盛り上げる音楽もない、大道具、小道具もない。かなりないないづくしです。
あるのは、カラフルだけど普段着の延長線上の衣装と、これまた普段の生活の延長線上のつぶやき(少々現実離れしてるけど)と小さな動き。

極めて地味だけどとても大切で愛おしいものになってます。

小さな事柄を寄せ集めた大きな作品
まとまらなさのまとまり
非ドラマで構築したドラマ
背伸びのない心地よさ

いろんなことを思ったのだけどやっぱり観てもらわないと伝わらないかと。
明日、8月5日(木)16時〜 創作コンクール部門決選にて上演のハズ。
これ、無料ですが、入場者多数のため、入場制限がかかります。
30分前には並んでおいた方が良いです(すでに驚くような長蛇の列になってる筈ですが)

僕は、松山大学ダンス部作品を日本でコンテンポラリーダンスを語る人皆に観て欲しいと思ってます。特に今年のは、シンプルでそぎ落とされていて、軽いのにある意味難解なのかもしれない。
僕には多分に音楽的で統一感があるのだけど。

今までのコンクール用の作品は常に大会用というか、審査員?大会向け?のメッセージ?構成?なども少しは含まれるんですね、今回と前々回の落語「So'wonderful」にはそういうこびる部分がなく感性で作られてると思うんです。そこが僕にはあっぱれです。ありがとう。

こういう場合の作品ってテーマに重点が置かれ「重い=深い」と思われがちで、テーマを重くして仰々しくなり、中身が付いていかないことが多いんです。それを彼らは、暖かく平凡な記憶や動作を重ね、軽くて味わい深い=深いものに作り上げていて、それこそ、けっこう大会の傾向への果敢な挑戦だったりするんです。

バックの美しいピアノをのけて彼女らの喋り声だけのさらにそぎ落としたバージョンも観てみたい。

松山大学ダンス部参加発表部門出品作品、交響曲第ごはん「おかわり」7月に観た時大好きだったので、仕上がりが楽しみ。
8月6日(金)22番目、うーん全部で80作品、9:30ー16:00、昼前後ぐらい?
こちらも入場制限があります。早めの御来場を。
[PR]
by alimylove | 2010-08-04 20:53 | ダンス | Comments(0)
今日から!神戸の夏の風物詩。全日本高校大学ダンス!
第23回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)
http://www.ajdf.jp/
8月4日(水)
・9:30-18:30高校創作コンクール部門予選(91校)大ホール
・11:00-15:10大学コンクール部門予選(30校)中ホール

8月5日(木)
・10:30-14:30高校コンクール部門決選(40校)大ホール
・16:00-18:30大学コンクール部門決選(20校)大ホール

8月6日(金)
・9:30-16:00参加発表部門(80校)中ホール
・16:30-19:00表彰式+特別プロブラム(受賞作品上演)大ホール

会場:神戸市・神戸文化ホール(兵庫県神戸市中央区楠町4-2-2)

我らが、松山大学ダンス部は、予選:今日8/4(水)11:00の1番手!
7月3日に見た香川での四国インカレでの早めの仕上がりに傑作の予感!
大期待です。で予選突破で8/5(木)16:00-

初めて見られる方にはきっとは玉石混合ですが、それもほとばしるエネルギーで吹き飛ぶ青春シンドローム。百聞は一見にしかず。観てみて!
[PR]
by alimylove | 2010-08-04 08:37 | ダンス | Comments(0)