<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
1/28(土)with piano V「ピアノ、ことば、ブラス」@京都
b0057887_22534790.jpg


"with piano V" 「ピアノ、ことば、ブラス」

久しぶりの郁ちゃんとの共演です。いしいしんじも楽しみすぎる上にPAはZAK
「えーっと、おまかせするのでダブりまくって」とかリクエストするべきか。

"with piano V" 「ピアノ、ことば、ブラス」
日時:2012年1月28日sat. 17:00 open 18:00 start
出演:いしいしんじ+原田郁子、三田村管打団?
音響:ZAK
料金:予約3000円 当日3500円(中学生以下無料)
会場:元・立誠小学校(京都市中京区蛸薬師通河原町東入)
http://www.rissei.org/

予約方法:p-hour@leto.eonet.ne.jpまで
* 参加日
* ご予約枚数
* お名前
* お電話番号
を 明記の上、件名に「with piano 予約」を記入し、お送りください。

b0057887_22505878.jpg


いしいしんじ
http://www.mao55.net/index.html
1966年、大阪市生まれ。京都大学文学部仏文科卒業。リクルート社勤務の後、94年、「アムステルダムの犬」で作家デビュー。2000年、初の長篇「ぶらんこ乗り」で注目を集める。03年「麦ふみクーツェ」で坪田譲治文学賞受賞。04年「プラネタリウムのふた ご」、06年「ポーの話」、07年「みずうみ」がそれぞれ三島賞候補に。その他「トリツカレ男」「雪屋のロッスさん」。エッセイ・対談に「人生を救え!」「その辺の問題」(いずれも共著)、『「しいしんじのごはん日記」など。09年から京都市左京区に在住。SPレコードを蓄音機で聞く鑑賞会などユニークな活動も評判で、KBS京都ラジオでDJも担当している。

b0057887_225850100.jpg


三田村管打団?(みたむらかんだだん)
http://dadaterra.exblog.jp/

たおやかに吠える
しなやかに走る
見事に転ぶ!
つまずいた先の助け合いグルーヴ。
すべての場所を虹色に染め上げる関 西が誇る天上の楽団。
いつの間にか結成から9年、最近はベビーブームを迎え子供をおんぶにだっこでゆうゆう演奏。
そんな見た目を軽く裏切るほっこり系爆裂ブラスバンド。

b0057887_22514681.jpg


原田郁子 (はらだいくこ)
http://www.clammbon.com/
http://www.itumo.cc/

1975年 福岡生まれ。1995年「クラムボン」を結成。歌と鍵盤を担当。独自のスタンスで精力的に音楽活動をつづける。バンド活動と並行して、さまざまなミュージシャンとレコーディングやライブで共演。ソロ活動も行なう。2004年、ソロアルバム『ピアノ』、2008年、『気配と余韻』、『ケモノと魔法』、『銀河』を発表。2010年5月、吉祥寺に多目的スペース「キチム」をオープンさせ、飲食とともにライブやイベントを行なう場所をつくる(オーナーは妹で写真家の原田奈々)。
11月2日にはクラムボンのニューシングル「ある鼓動」をリリース。11月3日には初のアリーナ、東京・両国国技館での公演を行う。

http://www.p-hour.com/

b0057887_22531735.jpg

[PR]
by alimylove | 2012-01-08 23:01 | Comments(0)
1/21(土)片想いと三田村管打団?@旧グ邸
b0057887_22355364.jpg


ごくたまにある僕のグ邸でのの音楽企画が今月1月21日。これ実は毎年恒例の僕自身の誕生日企画、同じ誕生日の友人の江崎將史と一緒にそれぞれのユニットで出たりするイベントを組んでいたのですが、今回は僕の片想いの企画になりました。

「片想い」という東京のバンドを一昨年グ邸のイベントで観ました。それは素晴らしいものだったのと同時に初めて「三田村管打団?」に近いものを観たと思いました。なんだかんだ時は流れ、片
想いが両想いに近づいてきて合体版もしようという話になり、やります。今年の1月21日土曜日。

合体版を三田村側では「片想い管打団」と呼び、片想いは「三田村片想い」と呼んでいます。

ちなみに「片想い」の片岡シンくんは1月19日が誕生日で彼も自分の誕生日片想いライブをしてたりするので、どうも似た者同士のようです。もちろん祝います。

何卒!

act:
   片想い
   三田村管打団?

PA:
   西川文章


日時:2012年1月21日(土)open 19:00 start 19:30
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 ¥2,000 / 当日 ¥2,500
主催:塩屋音楽会

問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com







片想い
とんちれこーど所属。東京ナンバーワンパーティバンドの称号を得るも(非公式)、実はパーティソングは少ない。8人編成でありながらそのスカスカのサウンドには実は理由があって、それは聴いてる人の想いが入る余地を残しているからなのである。そんな見る者の心をあたたかく包み込んで離さない、悲喜こもごもを包括したステージには本当に定評がある。それを実証する名曲「踊る理由」は各方面で大きな反響を呼んでいる。
http://www.youtube.com/watch?v=y5LFv5-xWtU

片想いサイト http://kataomoi.main.jp/

片岡シン 唄と三線
オラリー 唄
issy 唄と鍵盤
MC.sirafu 唄とラッパとギター
伴瀬朝彦 唄とベース
大河原明子 ホルン
遠藤里美 唄とサックス
あだち麗三郎 唄とドラムス



三田村管打団 ?
たおやかに吠える、しなやかに走る。見事に転ぶ!つまずいた先の助け合いグルーヴ。すべての場所を虹色に染め上げる関西が誇る天上の楽団。昨年は瀬戸内国際芸術祭のオープニング、クロージング、そして7ー10月毎月遠征と香川の島々に遠征。うどんと島が大好き。

http://dadaterra.exblog.jp/

cl 亀井奈穂子 武田裕里子
alto sax 飯野弥生 澤井まり
tp 平岡新 森本アリ 安川マナミ
tb 廣田智 子 不動翔子 吉野竜城
tub 河村光司 塩田遥
bariton sax 川島有紀子
percs 池田安友子
ds 塩入基弘 光田臣
[PR]
by alimylove | 2012-01-08 19:18 | 音楽 | Comments(0)
1/27(金)「みんなの音楽」〜0(ゼロ)からの作曲@奈良
b0057887_1753114.jpg


参加型のコンサートをやります。元々は観客全員(多ければ300人)と一緒にコンサートをしてもらえないかと依頼を受けたのですが、それは恐れ多いと、昼間に20人程度で簡単なルールを共有し作曲し発表するワークショップをして、その発表と一部観客全員を巻き込んだ演奏をやってみる予定です。良かったら、ご参加ください!

鹿の劇場①「みんなの音楽」 

日時: 1月27日(金)17:30開場 18:00開演

会場: 奈良市ならまちセンター 市民ホール 

定員: 各回300人(定員に達し次第、締切となります)

参加費: 無料


「ひかり園音楽隊」 出演:松本真理子・マリンバアンサンブル“テトラ”・チーム「ひかり」

マリンバ奏者・松本真理子さん率いる「ひかり園音楽隊」が、エネルギッシュな演奏と歌を力いっぱい届けます。

「0(ゼロ)からの作曲/みんなで合奏」 
出演:森本アリ+0からの発表楽団

参加型の舞台です。観客も参加者になって、誰でも出来る作曲と演奏にチャレンジします。ご自宅に眠っている楽器がある方はご持参ください(楽器がない方でも参加いただけます)。

特別ゲスト:あおはにジャンベチーム

0からの発表楽団にご参加ください! 13:00 〜15:30
会場:ならまちセンター リハーサル室 定員:20人 ※よろしければ楽器をご持参ください。
内容:0からの作曲をリードするコアメンバーを募集しています。お気軽にご参加ください!
詳細は事務局までお問い合わせください。

申込方法:

HAPPY SPOT NARA事務局
〒630-8044 奈良市六条西3-25-4 財団法人たんぽぽの家 内
Tel: 0742-43-7055 Fax: 0742-49-5501
Email: happyspot★popo.or.jp(★を@に変換して送信してください)
http://popo.or.jp/info/2012/02/happy-spot.html

• 事務局までTel、FAX、またはEmailにてお申込みください。
①参加者名、②連絡先(電話番号または、Emailアドレス)、③ご参加をご希望の回と人数。
*お申込みの際は、件名に必ず「鹿の劇場」と明記してください
• お申し込み完了のご連絡を差し上げます。事務局からの受付連絡をもって、受付手続き終了となります。

詳しくは、たんぽぽの家「HAPPY SPOT NARA 2011-2012」まで。
主催: 奈良県
実施運営: 奈良県障害者アート創出事業実行委員会
[PR]
by alimylove | 2012-01-08 17:20 | Comments(0)
去年の9月に撮った塩屋散歩短編映画がweb.公開
b0057887_16215411.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=hvBim53ivto

森本アリ MORIMOTO ALI
BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW 「DESHITANE」
塩屋(神戸)

シンプルなルールに従って作る短編シリーズ、”BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW” の「神戸 9月」の一編として撮られた5分間の映像詩です。
だいぶつたないカメラさばき、そしてド下手すぎるトランペットに失笑ですが、空気感は伝わるのではないかと思います。宮本博史くん編集のお手伝いありがとうございました。崟利子さんお誘いありがとうございます。前田真二郎さん面白い試みでした、ありがとうございます。 よかったら、観てみてください。
[PR]
by alimylove | 2012-01-08 16:10 | Comments(0)
2011年ベストうんたらベストかんたら
b0057887_15462286.jpg

[BEST映画]

戦火のナージャ(ニキータ・ミハイルコフ)
今年のベストはこれです。戦争冒険活劇。そして、センチメンタリズムに陥らない
ヒューマニズムを説いた映画。と言っても荒唐無稽なドタバタなジェットコースター
ムービーでもある。どうもこの映画の大きさが通じない人が多いらしい。
バランスが悪い、意味が分からん、散漫、だらだらと長いなど、ネットをちょっと
検索するとそんな感想が多い。たぶん、映画館で観れてないのかな?
そんなにわかりやすくないのが人生。ひさしぶりに映画らしい映画を観た。
監督賞もニキータ・ミハイルコフです。

一命(三池崇史)
三池監督が武士道の体面について怒っていて、「ほう」と観に行ったら、
1つの命の尊さを切々と問う辛辣な映画でした。残虐なシーンにも必然性を感じる。
2011年に作られるべくして作られた映画。

ヒア・アフター(クリント・イーストウッド)
劇場版神聖かまってちゃん・ロックンロールは鳴り止まないっ(入江悠)
サンザシの樹の下で(チャン・イーモウ)
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事(アダム・マッケイ)
ザ・タウン(ベン・アフレック)
歓待(深田晃司)

[女優]
ペク・ジニ(ソウルのバングラデッシュ人)

[男優]
・これと言って居なかったのだけど、強いて言うなら
ウィル・フェレル、マット・デイモン、マーク・ウォルバーグなどのハリウッド勢。

[テレビドラマ]
グッド・ワイフ
駆け引きがモラルを越える。脅し、イカサマ、違法行為もこなす、
すれすれな感じがとても面白い弁護士ドラマ。検事と弁護士の関係
や司法取引というものの構造が見えるのもとても勉強になる。

11人も居る!
宮藤官九郎脚本ドラマ。大大家族、幽霊、ニートな父、出来ちゃった婚、いじめ、ヤンキー、性転換、いろんなタブーをしっかり話し合い、ひたむきさと明るさで笑い飛ばすドラマ。言葉で説明するよりもっと面白いです。

アンダーカバー・ボス
1回しか観れていない、テレビでやってたアメリカの(たぶん)人気ドキュメンタリー。社長が自分の会社の最下辺(派遣バイト)を完全に身分を偽って経験する。僕が見たのはその社長が本当に大きなヘマばかりして解雇されてしまう(笑)もちろん会社の状況を文字通り身をもって肌で感じ、最後に正体をバラシ社員全員の前で一緒にその顛末を上映し、部長も課長も平社員も派遣もバイトも大爆笑という、いい意味でとてもアメリカ的なドキュメンタリー。もっと観たい。

[ドキュメンタリー映画]
ミツバチの羽音と地球の回転(鎌仲ひとみ)とても勉強になります。

[映画/特集]
・ブラジル・シネマ・ノーヴォ特集
神戸アートビレッジセンターにて。特に「マクナイーマ」こんな不思議な映画がブラジルの国民的人気映画なんて本当にブラジルって国は・・・変!

[BOMB!]
・冷たい熱帯魚(園子温)
・アンチクライスト(ラース・ヴォン・トリアー)
・ツリー・オブ・ライフ(テレンス・マリック)
なんせ、嫌い。もう彼らの映画は観たくないです。暴力やモラルや感情をもてあそんでるだけ。こういう暴力描写や破壊描写を褒めたらイカンよ。

[舞台]
いつもなら「松山大学ダンス部」定期公演がダントツですが、今年も素晴らしかったですが、今年は「テレビで観ると目が釘付けになってしまう最近のEXILE」です。もともと、14人になった時にもう人が多すぎて楽しそうでワクワクしましたが、最近、だいぶ振付けがおかしい、そこらの「コンテンポラリー」と呼ばれるものよりコンテンポラリーなのはEXILEです。

[音楽アルバム]
口ロロ『CD』

[音楽鑑賞(ライブ)]
・「2011年ちんどん通信社年末公演」12/29飛田オーエス劇場
毎年(7年連続)行ってるこれがないと年が越せないちんどん通信社。今回はだらだらした部分が少なく大人数での演奏(12ー14人)も多く特にユーミンの「春よ、来い」心に染みました。

・「音のびっくりぼっかけ商店街」音遊びの会 6/11新長田シアターdb
僕の仕切りで即興セッションを並べたのですが、小編成でのメンバーの集中力がすばらしかった。

[グ邸で良かったもの]
北村早樹子(2/3)・フェルナンド・カブサッキ神戸セッション(4/23)
かえる目(5/13)・(6/15)・倉地久美夫+稲田誠+山路知恵子(7/24)・二階堂和美(10/29)
本当はもっといっぱいいいものがあったのだと思う、運営側に回ってるので
落ち着いて観ることの出来ていないものも多いのです。

[まとめ]
今年は赤ちゃんを抱えていたので、妻は映画0本の割には僕は映画72本(ビデオ12本)は観過ぎですね。ほぼ必ず2本続けてみたり、3本観たりでした。今年は夫婦でも行けるようになりそう。
子ども連れで行くのも楽しみだ!
香港映画の上映が減ったのが残念。中国映画と香港映画の境が無くなっているということでもあるのですが、それは喜ばしいことですが、若干、中国映画の方が大味(笑)。もっとチャレンジングな香港映画が観たい。
[PR]
by alimylove | 2012-01-08 15:50 | 映画 | Comments(1)