<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
7/27(日)「ちいきいと10」須磨海岸・海の家
b0057887_0222959.jpg

まちのプライドをかけた血で血を洗う地域系写真で大喜利抗争頂上決戦「ちいきいと」。記念すべき10回目は、須磨海岸海の家「カッパ天国」にて開催。人呼んで「ギラギラ サマー☆ホリデー編」。

7/27(日)
open18:00 start 18:30 (end 20:30)

場所:須磨海岸 海の家 かっぱ天国(須磨海岸で最も古い歴史を持つ老舗海の家)
〒654-0049 兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目
TEL:078-737-2539

出演:
水島 あかね│明石近辺│明石工業高等専門学校 建築学科 准教授
慈 憲一│灘│ナダタマ
福島 雄一郎│須磨│エコ・アド

司会:岩淵 拓郎│宝塚│メディアピクニック
DJ:DJ Alimylove│塩屋│塩屋百景

定員》約50名 費用》1,000円〈ワンドリンク付〉

申込》facebook のちいきいと10イベント参加をクリック
   又は、chiikiitokobe@gmail.com迄
   ①氏名 ②参加人数 を記載の上、表題を「ちいきいと10参加希望」として送信。

問合せ》神戸市 デザイン都市推進室 本田〈広報担当〉
    │電 話│078-322-6575
    │メール│chiikiitokobe@gmail.com

今回も覚悟しやぁ!!!!!!!!!!!!!!...

だいたいの地理関係把握の為にかっぱ天国周辺の写真を載せます。須磨水族園の本館の真後辺りになります。

b0057887_018888.jpg

b0057887_018590.jpg

b0057887_0225645.jpg

[PR]
by alimylove | 2014-07-24 00:18 | アート | Comments(0)
7/22(火)アルゼンチンの至宝 ~ フェルナンド・カブサッキ ~ Fernando Kabusacki 2014 Kobe
b0057887_1840158.jpg

アルゼンチン発、アカデミックで大胆な経歴を持ち、縦横無尽に活躍しているギタリストの筆頭といえばフェルナンド・カブサッキ。その端正かつ万華鏡のように拡がる多彩なギタープレイは、世界の音楽ファンを魅了し、彼の音楽に共鳴する日本人アーティスト勢からも愛されリスペクトを受けつづけている。

2014年ツアーの神戸セッション - 2DAYS (7/15, 7/22) では、地元アーティストとの交流を深め、またどんな伝説のセッションが生みだされるのでしょうか?その瞬間をスマイルしながら目撃したい。(7/15は終了しました。)


7/22 session:

フェルナンド・カブサッキ Fernando Kabusacki (guitar, electronics – from Argentine)
YTAMO (keyboad, vo)
HACO (vo, electronics)
松本こうすけ Kosuke Matsumoto (tabla, effects)
森本アリMorimoto Ali (sound objects)

日時:2014年7月22日 (火) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,500円 当日 3,000円
主催:FERNANDO KABUSACKI
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。






Fernando Kabusacki フェルナンド・カブサッキ

1965年、アルゼンチン・ロサリオ生まれ。ブエノスアイレス在住。5才のときに手にした2弦ギターがきっかけでギターを始める。1988年に渡英してロバート・フリップ(キング・クリムゾン)のギター・クラフト・コースに参加。リーグ・オブ・クラフティ・ギタリスツ(LCG)の一員として度々フリップの世界ツアーに帯同する。1991年より、ブエノスアイレスのフィルム・アーカイヴと共同で、無声映画のサウンドトラックを即興演奏する不定形のプロジェクト、ナショナル・フィルム・チェンバー・オーケストラを立ち上げる。1992年には、LCGの主要メンバーだったアルゼンチン出身のエルナン・ヌニェスとスティーヴ・ボールと共に、ベルリンでロス・ガウチョス・アレマネス(LGA)を結成し、今に至るまで断続的に活動を継続。1995年から数年の間、フォルクローレ・シンガー、リリアナ・エレーロのバンドでギタリストをつとめる。1998年には初のソロ・アルバム『Houses I』を発表。この前後からフェルナンド・サマレア、マリア・ガブリエラ・エプメール、サンチャゴ・ヴァスケス、アレハンドロ・フラノフ、マリア・エヴァ・アルビストゥール、フアナ・モリーナ、アクセル・クリヒエールらと頻繁に共演を重ね、お互いの作品に参加するようになる。2000年にセカンド・アルバム『The Planet... and its beings』を発表。この作品には、エルメート・パスコアル、チャーリー・ガルシアやモノ・フォンタナも参加。2002年、フアナ・モリーナのサポート・ギタリストとして初来日。関連作品も次々に紹介され、「アルゼンチン音響派」の最重要人物として一躍注目を集める。これをきっかけに、山本精一や勝井祐二をはじめ、日本の様々なアーティストとの交流を深め、即興セッションを中心に多くの共演とリリースを重ねる。長短編映画やアニメーションのための作曲も多数。2010年12月、ソロ作としては7枚目となる最新アルバム『LUCK』をアルゼンチンでリリース(2011年5月に日本盤発売)。
http://www.kabusacki.com.ar/
http://kabusacki.blogspot.com.ar/



YTAMO

荒木良子のソロユニット。クラシックピアノの世界を経て 2000年頃より活動開始。scilli disquesより1stソロアルバム「Limited Leaf」を発表。カルカヤマコトのサポートミュージシャンとして活動後、自身のバンド「ウリチパン郡」のメンバーとして2011年まで活動。現在はソロの他に オオルタイチとのユニット「オオルタイチ+ウタモ」「Oorutaichi Loves the Acustico Paz Nova Band」のメンバーとして、また 音楽以外の不定形な活動"灯台"もスタート。 http://www.new-ytamo.info



HACO

ヴォーカリスト、エレクトロニクス奏者、作詞作曲家、サウンドアーティスト。80年代に音響芸術を学び、After Dinnerを結成すると共に作品が国際的に評価される。近年、声と電子楽器による演奏に加え、音響装置を用いた独自のパフォーマンスを展開。透明感のある歌声と音響技術が融合した実験的ポップ感覚をつめこんだ楽曲によって、世界中にファンをもつ。これまでにソロやHoahio等のCD発売多数、海外公演も数え切れない。http://www.hacohaco.net



松本こうすけ Kosuke Matsumoto

インド滞在中に打楽器タブラーに魅了され、2004年よりバナーラスにてKishor Mishraに師事し以後通い続ける。のちにコルカタにてSubhankar Banerjeeの演奏に感銘を受け、2008年から師事。日本ではU-zhaan、Ty Burhoeから指導を受けつつ演奏活動をしている。京都在住。 https://www.facebook.com/kosuke.matsumoto.7
[PR]
by alimylove | 2014-07-16 18:36 | 音楽 | Comments(0)
7/17 (木) 「旅」2014夏 〜 佐藤正治×高岡大祐 + 森本アリ
b0057887_17595512.jpg

打楽器とチューバが繰り広げる、躯と心に響く倍音の世界
刻々と変化し、呼吸する空間に、森本アリがエッセンスを加え、更なる世界を繰り広げる。
その日、その瞬間にしか味わえない「音の旅」に一緒に出かけませんか…。

日時:2014年7月17日 (木) open 19:30 start 20:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
主催:OK-MASSA
共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
E-mail : guggenheim2007@gmail.com
* ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
  こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。







佐藤正治(ドラム、パーカッション)

MASSAのリーダー。10代に美狂乱を結成。Adiのリーダーとして活躍。井上陽水、忌野清志郎、久石譲、坂田明、おおたか静流、他、多くのアーティストとの共演、作品に参加。フジロックフェスティバル、ワールドハピネス他、ビリニュスジャズフェスティバル(リトアニア)、Festival de Musique Actuelle de Victoriaville(カナダ)等、国内外の数多くのフェスティバルに出演。アーティストへの楽曲提供、シドニーオリンピック新体操日本代表の作曲、CM、映画音楽を手掛ける。ヒカシュー、梅津和時の「新大久保ジェントルメン」等への参加の他、阿部サダヲ、小泉今日子出演の舞台「シダの群れ3」、古代文字書家、原ケンリョウとのユニット「鳳圖-Hoh-To-」等、様々な表現活動を精力的に行っている。



高岡大祐(チューバ)

大阪出身。20歳頃から大阪でストリートライブなどを始めその後商業音楽の世界で活動をはじめる。その後東京を中心に日本各所や欧州での即興演奏を多く行い、2000年代なかばよりベルギーのミュージシャン達との交流を深め首都ブリュッセルにも活動の拠点を持つ。独自に開発した数多くの特殊奏法を駆使しアコースティックでの表現を追求し、吹奏の限界拡張に挑戦中。近年は、低音金管楽器を特殊な共鳴体として捉えて、生音響を電子音楽のように演奏/操作し、アコースティック・シンセサイザーというような音響合成装置のように扱い、「音同士の干渉による自律した変化」に焦点を当てた演奏を多く行う。また、自身の自主レーベルより包装や録音も独自に特化したCD音源を多数リリース。超高感度無指向性マイクと超高解像度のDSD録音による即興演奏とフィールドレコーディングの中間のような作品を作る録音家としても活動している。

近年の共演に坂田明、齋藤徹、広瀬淳二、秋山徹次、中村としまる、板橋文夫、大友良英、加藤崇之、内橋和久、巻上公一、関島岳郎、類家心平、徳永将豪、石橋英子、山本達久、JOJO広重、ジム・オルーク、ジョン・ブッチャー、トッド・ニコルソン、ジャン・ローラン・サスポータス、エリック・ティールマンス、ペーター・ブロッツマン、ミッシェル・ドネダ、バール・フィリップス、エリオット・シャープ、アイヴィン・ロンニングなど多数。



森本アリ

音楽家。極めて雑多に音楽を続けた結果、ゲームボーイ、口琴等はそこそこの評判。奇妙な楽器好き、楽器でないものを楽器にするのも好き。ほっこり系爆裂ブラスバンド「三田村管打団?」、脱力トランペット楽団「ぺ・ド・グ」、原始的電子生音デュオ「口八丁」等や「ソロ」などで活動。掃除機、風船、サンプラー、おもちゃも楽器も使いこなし、ワークショップやBGM制作なども手掛ける。神戸、塩屋の築100年の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理人として塩屋音楽会企画運営も務める。 http://www.nedogu.com/kumacoop/
[PR]
by alimylove | 2014-07-16 18:00 | Comments(0)
6/21(土)7/21(祝・月)スズキコージ x 三田村管打団?
b0057887_17584954.jpg

〜聖コージの誘惑~
スズキコージの絵本原始力展

『おばけドライブ』『やまのディスコ』『エンソくん きしゃにのる』など数々の名作絵本をはじめ、“たくさんのふしぎ”シリーズの『エネルギー』やボルヘスの『幻獣事典』など優れた挿絵で子どもから大人まで魅了するスズキコージ。その創作世界は壁画やダンボール彫刻、ライブペインティングまで無限です。
本展は奇才・スズキコージの世界をまるごと体感できるアクティブな展覧会です。

これまでも何度も御一緒させて頂いている、スズキコージさんにライブとワークショップ&パレードに誘って頂いています。

6月21日(土)13:00~14:30
OPENING ! ライブ&パフォーマンス
『壁画を描くぜい!』&『顔出しパネルを描くぜい!』
出演:三田村管打団? |スズキコージ&ZUKINGBAND
会場:企画展示室
参加方法:当日の企画展観覧券が必要

7月21日(月・祝)パレード:15:00~15:30
仮面づくり:11:00スタート。15:00迄、随時行います。
ライブ&ワークショップ『仮面 DE パレードだぜい!』
出演・講師:スズキコージ、三田村管打団?、
会場:企画展示室
参加方法:当日の企画展の観覧券が必要
内容:イカス仮面を作って美術館の庭をパレードします。

開催場所 : 姫路市立美術館
開催期間 : 2014年6月21日(土)~2014年8月31日(日)
休館日 : 月曜日(ただし7月21日は開館)、7月22日
開館時間 : 午前10時~午後5時 (入場は午後4時30分まで)
料金 : 一般900円、大学・高校生600円、中学・小学生100円

期間中いろいろイベントあり!
姫路市立美術館|イベント案内 http://www.city.himeji.lg.jp/art/event.html
出演:【七尾旅人】【みやこうせい】【植田 真】
【ZUKINGBAND(スズキコージ、植田真、加奈子、大畑いくの、ビネ)】
【おまつとまさる氏(松倉如子、渡辺勝)+川下直広】
【マハ & アルカマラーニ ダンサーズ MAHA & AL CAMARANI dancers】

姫路市|スズキコージの絵本原始力展の開催について
http://www.city.himeji.lg.jp/koho/press/_30718/_31799/_31976.html
b0057887_17594219.jpg

[PR]
by alimylove | 2014-07-16 17:49 | Comments(0)
7/5(土)ー21(祝・月)「しおやと、まどあそび vol.2 」始まってます!
b0057887_1025441.jpg

いろんな意味で塩屋の町が浮かび上がってくるとてもいい展示になっています。どうぞお越しください&ご参加ください。そう、参加型の展覧会なのです。散歩して拾ってきたものや切り取った景色を展示して頂けます。

*****

今年の5月末に旧グッゲンハイム邸の森本アリさんから、神戸 • 塩屋にある「しおやと、」 の大きな窓をキャンパスに絵を描いてほしい、とお声がけををいただきました。
塩屋は小さくてとても心地がよい町です。 駅を降りると南側に海、北側には山が間近に迫ってきます。駅の改札を出て町の中を歩いていくと、迷路の様に細い道がいくつもあり 運が良ければとても見晴らしのよい、または何だかとても懐かしい景色に出会う事が出来ます。
そこで今回、「しおやと、」の窓以外にリサーチングプロジェクトとして、塩屋の町をテーマに 展示をしていく事にしました。
展示期間中に、町の風景をリサーチしたり見つけたものを拾ってくる事で、それを基に最後に 地図を作成して塩屋の「かたち」を抽出していく試みです。また地図に関しては、展示終了後も塩屋を訪れた人達にお待ち帰りいただいて、 町を散策していただければと思っております。
最後に写真やものに添えている絵については、いつものイラストの様に下書きや時間をかける事はせず カタチを意識してスケッチをする感じで瞬間的に描いております。
この展示を機会に一度、塩屋の町をゆっくりと散策していただければ幸いです。
                      山内庸資
b0057887_1044154.jpg

しおやと、まどあそび vol.2
「OUT FORM」山内庸資 Yosuke Yamauchi
7/5.sat~7/21.mon

山内庸資 Yoseke Yamauchi
1978年京都生まれ。神戸在住。平面作家として作品発表しながら、イラストレーターとしても活動中。近年はインスタレーションや平面表現のなかでの立体的表現の作品制作、展示の企画・構成などにも携わる。主な展覧会に、「Nowhere City」(滋賀・成安造形大学、2013)「NEW OPEN AREA」(神戸・KAVC、2014)「FACESHOP 2nd」(京都・みずのき美術館、2014)
http://yosuke-yamauchi.org

予約|お問い合わせ
「しおやと、」
cafe | gallery | workshop | shop
しおやのいろんなものをあつめてみました。

655-0872 神戸市垂水区塩屋町3-14-25
☎078-751-7877
OPEN10:00-20:00
定休日 月曜日(祝日の場合は火曜休み)
shioyato.info@gmail.com
http://www.shioyato.com

「平成26年度 まちの再生・活性化に寄与する文化芸術創造支援助成対象事業」
b0057887_105349.jpg

b0057887_1054277.jpg

b0057887_1061966.jpg

b0057887_1064047.jpg

[PR]
by alimylove | 2014-07-08 10:06 | アート | Comments(0)