<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
7/8(土)京都|恵文社|『旧グッゲンハイム邸物語』刊行記念イベント京都編

b0057887_16410532.jpg

神戸の西にある海沿いの小さな町に、100年以上立ち続ける洋館「旧グッゲンハイム邸」。音楽ライブなどで訪れたことがある方も多いのではないでしょうか。その歴史と未来を綴った1冊『旧グッゲンハイム邸物語 未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし』(ぴあ)の刊行を記念したトークイベントがようやく京都にもやってきます。神戸まちづくりのキーマンでもある著者、グ邸管理人の森本アリさんをお招きして、グ邸のある塩屋のまちのこと、本のことについてお話ししていただきます。

【日時】

2017年7月8日(土)open17:00 / start17:30

【入場料】
500円(+1ドリンクオーダー)
【出演】
森本アリ 聞き手 和久田善彦(編集者)
【ご予約】
予約フォーム or 075-711-5919
【『旧グッゲンハイム邸物語』について】
兵庫県神戸市垂水区塩屋町。神戸の西にある海沿いの小さな町に、100年以上立ち続ける洋館「旧グッゲンハイム邸」。その歴史と未来を綴った1冊『旧グッゲンハイム邸物語 未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし』が3月15日に発売されます。著者は「旧グッゲンハイム邸」の管理人・森本アリさん。大所帯ブラスバンド「三田村管打団?」などでも活躍するミュージシャンであると同時に、まちづくりに関する活動も積極的に行なっている、神戸のキーマンと呼ぶべきひとりです。
 旧グッゲンハイム邸は、明治時代にドイツ系米国人貿易商ジャック・グッゲンハイムさんのために建てられた異人館。現在は貸しスペースとして様々なイベントが開催され、特に音楽ファンにとっては全国的に知られる場所です。映画やドラマのロケで使われるなど、町のシンボルであると同時に、全国から人々が訪れる聖地でもあります。
 そんな旧グッゲンハイム邸も、10年ほど前までは、震災や度重なる台風の影響で老朽化し、長らく空き家の状態が続いていました。そして、売却・解体の可能性もあったこの建物を、文字通り私財をなげうって救ったのが森本さん一家でした。そこからはじまるこの建物の再生は、やがて塩屋という小さな町の姿も、いきいきとしたものに変えていくことになります。
 映画『繕い裁つ人』や、NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』などにも登場した、神戸を代表する洋館・旧グッゲンハイム邸。その知られざる歴史とまちづくりに関する、現在進行形の物語。それは、都市開発が進む今の時代だからこそ、多くの人たちに響く、日々の暮らしにとって大切な物語とも言えるものです。
 帯の推薦文は脚本家の木皿泉さんが執筆、巻末には著者・森本アリさんとの対談企画として、音楽家/僧侶の二階堂和美さん、建築家の島田陽さんそれぞれを収録しています。


b0057887_16430365.jpg
【著者プロフィール】
普段は音楽家と塩屋の築105年の海辺の洋館「旧グッゲンハイム邸」管理/運営人の2足の
わらじ。塩屋の未来を考えるようになり「塩屋まちづくり推進会」で活動、「塩屋百景」
を立ち上げ写真集「塩屋百人百景」「塩屋百年百景」発行。「塩屋借景)」準備中。
塩屋の町に100年後200年後もあまり変わらないでいて欲しいと願う。
[PR]
by alimylove | 2017-06-21 16:47 | まち | Comments(0)
8/13 (日) 三田村管打団?|デンマーク凱旋ワンマン

b0057887_16304343.jpg

たおやかに吠える しなやかに走る 見事に転ぶ!つまずいた先の助け合いグルーヴ
かつてはほっこり系爆裂ブラスバンドと冠された、すべての場所を虹色に染め上げる関西が誇る天上の楽団。2002年結成。2013年3rdCD「!!!」発表。普段のライブは8~13人ぐらい編成。女子率が高く、子連れで演奏が当たり前。フェス、ライブハウス、ストリート、保育園、海や山、電車や船、あらゆるところでの演奏経験有り。瀬戸内国際芸術祭|越後妻有大地の祭り|港町ポリフォニーなどの常連。2012年より「片想い」との合体バンド「両想い管打団!」|2015年 二階堂和美との「二x三」始動。あれっ今年は結成15周年だ!7月はデンマークに遠征!オーフスとコペンハーゲンにて公演を行う。デンマーク遠征の土産話と土産の映像付きのライブです。

出演:三田村管打団?

日時:2017年8月13日 (日) open 15:30 start 16:00
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)
   〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:予約 2,000円 当日 2,500円
主催:三田村管打団?
共催:塩屋音楽会
b0057887_16302966.jpg


[PR]
by alimylove | 2017-06-21 16:32 | Comments(0)
7/15 7/16 MITAMURAKANDADAN? GO DENMARK
b0057887_15274281.jpg

Mini Japanese Brass
and Electric Festival



MITAMURA KANDADAN ?
Turtle Yama


2017/ 7 / 16 sunday
open 16:00|start16:30

Price|150kr

at Frederiks Bastion
Refshalevej 28

reservation:MAIL TO : mirexen@gmail.com
in the Mail please write
1, day of the event 2, your name 3, your phone no.

About the bands:

BRASS and BEAT Band of 13 members
MITAMURA KANDADAN?
and A Electric Ladies Duo
Turtle Yama
are comming from JAPAN
to Copenhagen
A Very Special Event !!



MITAMURA KANDADAN?

Nahoko Kamei : soprano saxophone
Mari Sawai : alto saxophone
Toru Matsuda : tenor saxophone
Futoshi Hineno : bass clarinet
Arta Hiraoka, Ali Morimoto, Manami Yasukawa : trumpet
Tatsuki Yoshino, Rieko seizo : trombone
Haruka Shiota : tuba
Jin Mitsuda, Motohiro Shioiri : drums
Ayuko Ikeda : percussions

http://dadaterra.exblog.jp/
https://www.facebook.com/mitamurakandadan/
(INFO 7/15 Aarfus Jazz) http://jazzfest.dk/artist.php?id=2653&l=en&t=0

Mitamurakandadan? plays brass music full of joy and optimism. Their repertoire spans from classic brass band to modern pop classic, delivered with conviction, joy, and charm. The band has a personal approach to music, which materialises through weird and groovy renditions of predominantly famous tunes. A Japanese critic once described the band's music as follows: 'It's as if they are running with full force, but with the softness of a sunlit spot'.


Turtle Yama = Yuko Kureyama electronics Nahoko Kamei keyboards

Turtle Yama were formed in 2015 by performance artist and guitarist Yuko Kureyama (formerly of ‘Water Fai’) and electronic keyboard player Nahoko Kamei (formerly played with Urichipangoon). Their new collaborative project TurtleYama combines both artists talents through electronica, tape loops and improvised keyboard weaving incongruous stories together to surprise and intrigue. they had a performance in UK,summer of 2016.

https://turtleyama.bandcamp.com/releases
https://m.soundcloud.com/user-628272624
(INFO 7/15 Aarfus Jazz) http://jazzfest.dk/artist.php?id=2660&l=en&t=0

b0057887_15275575.jpg

[PR]
by alimylove | 2017-06-21 15:28 | 音楽 | Comments(0)
6/21(水)神戸|元町|古本屋1003|「スター千三夜」

b0057887_15120611.jpg
安田さんがアリさんとトークするなら「映画の話がいい」ということで、今回のテーマは映画!

サントラレコードもお持ちいただけるかも!?
どんなエピソードが飛び出すか、店主も楽しみです

「スター千三夜」

ゲスト :安田謙一氏(ロック漫筆家)

     森本アリ氏(旧グッゲンハイム邸管理人・音楽家)

テーマ :映画について

日 時 :2017年6月21日(水)19:30〜21:00終了予定

     (開場19:00)

場 所 :1003(神戸市中央区元町通3-3-2 IMAGAWA BLDG.2F)

参加費 :1,000円(ドリンクは別途注文)定 員 :20名

申込先 :お名前・人数・電話番号を、1003店頭・メール(1003books@gmail.com)・電話(050-3692-1329)までお知らせください。

フライヤーイラスト:木村耕太郎


[PR]
by alimylove | 2017-06-21 15:13 | Comments(1)
6/24(土) 徳島|Cafe Blank|トークイベント
b0057887_15040336.jpg
<TALK EVENT>

2017年6月24日(土)
19:00-20:30頃 / 参加費2000円 ※ワンダカレーのミニカレー付 / 定員30名

「100年後。200年後まで今の塩屋の街の良さを受け継いでもらいたい」と様々な活動を積極的に行なっており、著書「旧グッゲンハイム邸物語〜未来に生きる建物と、小さな町の豊かな暮らし〜」を刊行された、旧グッゲンハイム邸管理人であり音楽家の森本アリさんに、神戸市塩屋の町のこと、塩屋で企画しているイベントのことなどをお話していただきます。自分たちの暮らす町のことも考えるきっかけになればと思います。

→ WORKSHOP、TALKEVENTのご予約・お問い合わせはホームページから
https://www.filldesign-web.com/event

森本アリ
1974年生まれ。神戸市垂水区塩屋町在住。旧グッゲンハイム邸管理人。音楽家として、「三田村管打団?」「ぺ・ド・グ」「もだえ」その他いろいろで活動。塩屋の未来を考え、写真集「塩屋百人百景」「塩屋百年百景」を発行。「シオヤプロジェクト」主宰。「塩屋まちづくり推進会」「塩屋商店会」にも関わる。2017年、著書「旧グッゲンハイム邸物語〜未来に生きる建物と、小さな町の豊かな暮らし〜」を刊行。
b0057887_15055112.jpg


[PR]
by alimylove | 2017-06-21 15:06 | Comments(0)