森美術館/ストロボ
4月7日(木)森美術館、「秘すれば花/ストーリーテラーズ」2つの展覧会をやってるのだけど、「ストーリーテラーズ」はけっこういい。エイヤ・リーサ・アハティラ(フィンランド)のやはり血は争えないのか、カウリスマキ・チックな映像集、プロジェクターで見せる20分のより、小さなモニターの短編が面白い。キャレン・ヤシンスキー(米)パペットアニメなんだけど、謎の大粒の涙をポロポロ流すというか、謎の大粒の涙がポロポロ溢れ出すのが知らぬ間に感情を動かす。あと、グレゴリー・クリュードンの映画的な緻密なシチュエーション写真も良かった。+六本木ヒルズ散策。結構裏のカラフルな公園は穴場だ、多色人種の子供達が一緒に遊んでるの、天気も良くて、日本じゃなかったなあ。たまにある人工的で有機的な空間。
 夕方から、zakのスタジオ、「ストロボ」にファンクラブのCDを渡しがてら訪問、バッファロー・ドーターのレコーディングの真っ最中で結局、ムーグ山本と「フレッシュ」って掛け声のコーラスと、それが入る曲に(なんか足りない)「フランス語でラップしてよ、ラップ」「むりむり、うーん、掃除機ラップやったら出来るかも・・・」と掃除機ラップを入れてきた、意外と面白くなったんだけど、始めから、無かった方向性がもっと解らなくなり、悩む、バッファローの3人+zak。
僕は、楽しい時間を過ごさせてもらって大満足。掃除機ラップが丸々削られても大満足。
[PR]
# by alimylove | 2005-04-10 02:40 | アート | Comments(0)
岡本太郎/カナリア/谷ナオミ
b0057887_1281815.jpg4/4-4/8と東京に行ってた。銀座のポーラ・ミュージアム・アネックスで4/6-4/29までやってる、母の展覧会の設営で行ってたのだけど、ついでに都会を楽しんできた。
 4月6日(水)昼間・青山、H&DMのプラダなどの建築や、岡本太郎記念館(これ小さいけどかなり楽しい)、原宿ブックオフで掘り出し物多数買いの後映画2本。
 「カナリア」塩田明彦監督作品。なんとなく趣味合わんなと思いながらも宮崎あおいの良さで、後味はなんとなく良かった「害虫」。「カナリア」は無理、この手のはリアリティが大事だと思うのだけどそれが感じられないのと趣味が合わない。批評家受けしてたので...もしやと観に行ったのだけど、最近ではガス・ヴァン・サントの「エレファント」が許せなかったのと似た気分。
 「花芯の刺青・熟れた壺」1976(監)小沼勝(主)谷ナオミを阿佐ヶ谷・ラピュタのレイトショーで観る。いい映画館、いい環境。妻と女友達も一緒に行ったんだけど、客も4分の1ぐらいは女性でロマンポルノ、SMを乾いた環境で観れることがうれしかった。結構、妻と神戸でピンク映画を観に行くのだけど、こっちはまだまだ、でも神戸の新劇会館、女性専用シートとかいつでも1000円とかめっちゃ頑張ってるけど、僕が妻や三田村女子とかを連れて行く以外に女子は来てないんチャうかな?その前に男のほうが、いくら「荒木太郎すばらしい(ピンク映画監督)」とか行ってもなかなか観てくれんもんなあ。で、「花芯の刺青・熟れた壺」ですが、すごく良いです、同伴女性方も絶賛。谷ナオミのインタビューとか読んでもプロ意識の高さに敬服するけど、体が売りでこの人以上の完成度の人ってもう出てこないんちゃうかなあ。b0057887_2123439.jpgb0057887_2131143.jpg
[PR]
# by alimylove | 2005-04-10 01:30 | 映画 | Comments(0)
slow vol.2
b0057887_1932319.jpg4月2日(土)神戸・深江浜zinkに前に出演したイベントの2回目'slow#2'に行く。目当ては、大ファンのSatanicpornocultshopと EGYPTOS+千住宗臣, miroque。miroqueは可愛い音楽だったんだけど、ビリーヤードなどやってる人にいいBGMになってしまい、心地よい時空間を提供するも、あって/なかったような演奏だった。ちょっと申し訳なかった。エジプトスはなんかもっとノリノリの聴きたい気が、千住くんをもっと大きく出してドラム音を戦わせた方がいいんちゃうかな。もっと激しいのが聴きたい欲求を感じた。
 で、サタポは客として行ったのに、行きしなにモトコーでトランペット(6500円也!)を買ってしまい、なんかどう見てもメンバー(赤いゴミ箱、赤いドラム缶が散らばるステージに僕は赤ジャケに赤帽子とマッチしすぎ)なゲスト参加をしてしまい。コラと踊り狂ったりもして、いいのか悪いのか(客観的には。主観的には楽しんでる)、終わりまでステージでペット吹いたりドラ叩いたり。サタポニューアルバムZAP MEEMEES7月発売。ペットとたらいで参加してます。
[PR]
# by alimylove | 2005-04-03 19:06 | 音楽 | Comments(0)
三田村管打団?@nano
b0057887_1911192.jpg4月1日(金)京都・二条のライブハウスnanoに三田村管打団?で出演。ヘルプのドラマー千住くん(今度:ゲームボーイ+ドラムで中之島の野外フェス5/22に2人で出演)、ゲストのはるばる福岡から(当日は岐阜から)青春18切符で記録に挑戦!的なすごい荷物でやってきた実松くんに支えられ、充実した内容のライブを提供できたと思う。最近、自然に皆が全力(たぶん見る人にはやりすぎ感も)出す、構成にもこなれてくずしがきく、激しくもなり、それでいて明るいまま、と類を見ないいいバンドになってると思う。必聴/必見、見てくれ~~~。客は多い方が俄然盛り上がる私たち。次は、4/13のビッグアップル。よろしくおねがいします!
[PR]
# by alimylove | 2005-04-03 19:03 | 音楽 | Comments(0)
ASA-CHANG&巡礼
b0057887_18482049.jpg3月31日(木)ASA-CHANG&巡礼を心斎橋クアトロに観に行ってきた。着くと前のフロア部分は皆座り込んでる。asa-changとu-zhaanも巡礼トロニクスをはさんであぐらをかいての演奏。u-zhaanは前にクアトロでゲームボーイソロでオープニングしたときのメインアクト「アラヤ
ヴィジャナ」でも超絶技巧タブラを披露してたけど、A(トランペット)U(アルトホルン)のブラスアンサンブルなんかも結構あって、ビックリ。皆、多彩やなあ、口八丁もトランペット+アルトホルン(そのまんま!)のブラスアンサンブルもやるので、かなり刺激に。
 基本的にゆるく地味で淡々としてるんだけど、真ん中にたたずむ巡礼トロニクスの可愛さも相まって、なかなかにいい空気が流れてました。結局、巡礼トロニクスはミキサー+トラック・自動演奏装置なんやね。いい。1人失礼な客「前作聴いてないからわかんねえ」とか自分のつぶやきを大きな声に出してしまう人が(拍手も大きく、笑ったりもしてるのだけど)演奏者をかなり傷つけてたのよ。おっさん、気づいてた?気づいてないよね、全然。気いつけてな。
久し振りに新品CDを買った、愛聴しとります。シールも楽器ケースにペッタリ。
[PR]
# by alimylove | 2005-04-03 18:48 | 音楽 | Comments(0)
世界で一番パパが好き!
b0057887_11512454.jpg3/26(土)なんと、公開初日に「世界で一番パパが好き!」鑑賞に。思えば、2ヶ月前、イイノ(三田村)から「ボーン・スプレマシー」の試写券をもらい観に行って、妻がマット・デイモン狂いになり、僕には微妙ながらMD映画をビデオで見せまくられるハメに、でも、そのおかげで、ケヴィン・スミスとの出会いが。MD&ベン・アフレック主演の「ドグマ」が面白くて「クラークス」「モール・ラッツ」「チェイシング・エイミー」「ジェイ&サイレントボブ、帝国への逆襲」とケヴィン・スミス監督作品制覇。下品でウィットに富んで愛に溢れる作品群。面白い!「ジェイ&・・・」なんて、すばらしい!どれもオススメ。全作品に出てるジェイ&サイレント・ボブのなどキャラが映えてる上、サイレント・ボブはケヴィン・スミス自身が演じててコレがカワイイ。
 で「セカパパ」です。ハリウッドで大コケ、昨日の初日もガラガラ。J.&S.B.が出てない寂しさははあるものの、ベンアフと熱愛中だったジェニファー・ロペスが妻役というキツイ設定(当時はラブラブ)、娘役のラクエル・カストロ(ジェニロペ+ケヴィン・スミス÷2なルックス)がうまい、かわいい、カメオ出演のMDとジェイソン・リー、いいとこ取りのウィル・スミス、キッツくて良いリブ・タイラー、ジジイや水道工仲間とのミュージカルシ-ンなどいいとこいっぱい。十分。なんかOL、家族向けに売ってる感じだけど、オッサンら~が一番観るべきな、ラブストーリー。観て欲しいなあ。
いつも通りの普通人目線が好き。でも、次はジェイ&サイレント・ボブを復活させて!
[PR]
# by alimylove | 2005-03-27 12:02 | 映画 | Comments(3)
熊本いいとこあれやこれや
b0057887_23253725.jpgb0057887_23255164.jpg
b0057887_23262176.jpgb0057887_23263634.jpg

 けっこう、熊本ラーメンを食べた。(実は熊本出身)梅田哲也に教えてもらった、山水亭のルーローメンが一番美味しかった、ぐつぐつに煮込んだ白ねぎがなんかコンソメ風味で欧風な味だった。熊本名物:「太平燕」(タイピーエン:春雨の長崎ちゃんぽんみたいなもの、あっさりしてて良いです)、「馬刺し」(梅田情報でタテガミを一緒に頼め!食べろ!食べた、うまか)、「からし蓮根」(大会のトレードマークにもなってた)、「いきなり団子」(あっさりしてて素朴で僕はすっかりとりこ)、もっと色々美味しいものがあるのだろうけど。大満足。
 あと、実は「口八丁」で大会レセプション(演劇界超有名人含む200人ぐらいの人)で5分のライブ?をしたのだけど、生まれてはじめての、熱狂的な拍手を受けたのよ、2人口琴/ア:ホース・タ:鼻笛/2人掃除機/2人歌、5分でこんなけ展開あると、やって、投げて、持ち替えてって感じなのだけど、高岡が掃除機辺りから客をあおり始め、僕が掃除機をやってるところに、「イエー、ファンキー」とか「ジェイ・ビー」とか冗談みたいなMCを加えると、手拍子まで起こって、2人とも掃除機の時は、掃除機音消すような大きな手拍子が、で、それを分断する、ホイッスルを僕が吹き(三田村の定番オープニングナンバー・ヴァソリーニャのアカペラ部分)唐突に大声で歌いだしたら、歓声、でワンコーラスやってまた高岡が冗談みたいなコール・アンド・レスポンスを始めて、「ラー」><「ラー」また異常に客が反応する、でも、ホイッスルで分断、もうワン・コーラス、は皆でヴァソリーニャ熱唱という異常事態。僕は目と耳を疑ったんだけど、あれはなんやったんやろう。 熊本が熱くさせるのか? 劇作家なのか? 高岡なのか?
写真の「ミハナタクシー」いいでしょ。「ミハ七」字づらは「口八丁」に通じる。
レセプション/ワークショップ....について高岡ブログに詳しく記されてました。
[PR]
# by alimylove | 2005-03-22 23:21 | 音楽 | Comments(0)
ファンクラブオーケストラジャパンCD到着!
b0057887_13102944.jpg
3/22(火)ドイツのentenpfuhlから発売のファンクラブオーケストラジャパンのファーストマキシシングル(!?)「20001年宇宙の旅」ついに到着。21分1曲のゲームボーイ+シンセ+テルミンによるチプ電子宇宙旅行。一点豪華主義のマスタリングbyZAK。元は2001年(4年前!)のライブ録音、それをCDRに焼いて数枚配ったのを、A-muzik/sonigのFrank Dommertがいたく気に入って、sonigツアーとかのライブ前DJセットで毎回のように掛けてくれて、彼のレーベルからCD化と、もう、フランクさまさま。僕もこんなヘナチョコなもののリリースへの感謝も込めて、150枚買い取ったのよね、なので、買ってくださ~~い!欧米正式リリースは数ヶ月後。今買えるのは、僕からだけ?店舗委託も大歓迎。面白いです。微笑めます。是非!ジャケも可愛い。ホムペで通販体制も整えます。mapでも取り扱ってもらいます。1000円也。
[PR]
# by alimylove | 2005-03-22 12:34 | 音楽 | Comments(2)
口八丁ワークショップ@熊本
b0057887_113365.jpg3/19(土)-3/21(月)「口八丁」で熊本で開催される、「劇作家大会2005熊本大会」にワークショップ講師として招待され、「なんでも楽器に!ワークショップ」と「音と言葉のワークショップ」2時間枠2つやってきた。
 「なんでも」の方は、定員の30人以上さんかの大盛況で子供参加者多数でアナーキーな託児所状態、僕らが話してても、音をブーブー、ガンガン出してる状態、いいよ、あまり物事にとらわれずに大人の言うことを聞かない子供がもっと育てば「世界は平和になるでしょう」とまとめたら高岡に「逆ギレしとる」と言われた、いやー元気な子供はいくらでも暴れな!相手は楽器やからね。見ているこっちはポジティブな気分になったよ。
 「音と言葉」は、幸い参加者は少なくコミュニケーションの取れる状態。こっちは関西で活躍してる劇作家の棚瀬美幸さんとの共同実施、棚瀬さんのアイデアが豊富で僕のサンプラーを使った言葉の複製・反復・解体みたいなものも応用してくれたりして、実りがあるものだった。
 はっきり言うと、どちらも、僕らお得意の「まとめのないやり逃げ感に溢れたもの」なんだけど。ちょっとした意識変換/転換になったと思う。皆に感謝。写真は熊本名物からし蓮根だ!
[PR]
# by alimylove | 2005-03-22 10:53 | 音楽 | Comments(0)
三田村管打団?@noon
b0057887_129870.jpgb0057887_1294489.jpg
3/15(火)レッド・クレイオラの前座を梅田noonで。写真左のように観客の中を通ってフィーバー風船を飛ばしたりしながら登場。僕らのコンディションも良く、いい加減に雑で元気な演奏が出来た。客の反応も良かったんだけど、ステージ横から、ニコニコ大きな拍手をくれる、レッド・クレイオラの面々と客席から、三田村チューバ、河村光司と久し振りの再会を果たした、(あつしひろしで出演の想い出波止場などの)津山篤夫婦の「ミツジー楽譜見るなー!」「ミツジーもっと前出て来ーい!」などの罵声が楽しく、ミュージシャン受けしてるなあ(?)とうれしかった(??)。特に「R・K」のメーヨ・トンプソンは「これまで、オープンニングをしてもらった人の中で一番良かった・・・・チャーミングで・・・・壊れていて・・・・今度一緒に録音しよう」と最大の賛辞をもらった。ゴキゲン。主催のmapの人達の人柄の良さも付け加えておきます。
[PR]
# by alimylove | 2005-03-22 10:49 | 音楽 | Comments(0)